大日本印刷とEmotion Tech 顧客ロイヤルティをNPS指標で測る「カスタマージャーニーマップ」を開発

生活者購買行動プロセスにおける顧客体験インパクトを数値化しマーケティング施策に反映

 

 大日本印刷株式会社(本社:東京 社長:北島義俊 資本金:1,144億円 以下:DNP)と株式会社Emotion Tech(本社:東京 代表取締役:今西良光 資本金:4億9,579万円 以下:エモーションテック)は共同で、企業が効果的なマーケティング施策を決定する際に有効なツール「エモーショナル カスタマージャーニーマップ(以下:エモーショナルCJM)」を開発し、1月22日に提供を開始します。「エモーショナルCJM」は、最適なタイミングで効果的なマーケティング施策を実施する企業のデジタルマーケティングを支援します。

【「エモーショナルCJM」開始の背景】

 近年、ビッグデータやAIを活用したデジタルマーケティングの実施にあたり、誰に、いつ、どのようなプロモーション施策を行うかを決めるため、顧客の体験(カスタマーエクスペリエンス:CX)を可視化した「カスタマージャーニーマップ(CJM)」を用いて分析することが主流となっています。一方、新規顧客の獲得よりも既存顧客の離反を防ぐほうが費用対効果が高いため、既存顧客のロイヤルティ(忠誠心)を向上させるマーケティング施策の重要性も指摘されています。顧客ロイヤルティを測る指標としては、購買者が企業の製品・サービスを「友人や知人に薦めたいか」という観点から数値化するNet Promoter Score(R)(NPS)が注目されています。

 DNPは、戦略立案のコンサルティング、マーケティングオートメーション(MA)施策の実施、これら一連の業務を代行するBPO(Business Process Outsourcing)サービスの提供など、リアル店舗やEC店舗を利用する生活者一人ひとりの行動に合わせた企業のマーケティング活動の最適化を行っています。またエモーションテックは、NPS指標の企業収益に与えるインパクトを可視化する独自の“感情解析手法”を用いて、業務プロセス上の企業のどのような行動(要因)が顧客ロイヤルティに影響し、収益に反映されたのかを数値で分析することで、企業の業務改善を支援しています。

 今回両社は、この“感情解析手法”をCJMに活用し、数値による定量的な評価指標を提供することで、企業が行うべき施策とそのタイミングを提案し、企業の効果的なマーケティング活動を支援します。

 *参考資料は添付の関連資料を参照

 *以下は添付リリースを参照

 ※NPS(R)は、Bain&Company、Fred Reichheld、Satmetrix Systemsの登録商標です。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考資料

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0469009_03.jpg

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0469009_04.pdf