業務プロセス自動化を実現する「JSOL SmartPRAS(TM)」の提供を開始

 

 株式会社JSOL(本社:東京都中央区、代表取締役社長:前川 雅俊、以下 JSOL)は、継続的な業務効率の向上と、働き方改革を含む人的資源の有効活用を目指す企業の活動を支援するため、業務プロセス自動化を実現するサービスとして、「JSOL SmartPRAS(TM)」(※1)の提供を1月19日より開始します。

 「JSOL SmartPRAS(TM)」を利用することにより、企業は自社のニーズや目指すべき姿を踏まえながら、業務プロセス全体を接続し、業務の自動化を実現できるようになります。また可視化された業務プロセス全体を俯瞰することで、プロセス改善、改革の推進が可能になります。

 ※1 JSOL SmartPRAS/ジェイソルスマートプラス(JSOL Smart Process Automation Services)

【背景】

 生産労働力の減少が年々深刻化しています。このため企業では、働き方改革など、生産性向上に向けた取り組みを推進しています。この取り組みの一つとして、昨今多くの企業がRPA(Robotic Process Automation)を用いた業務自動化を取り入れていますが、データ収集・集計やシステムへの定型入力作業など、一部の作業に閉じた自動化に留まっており、期待した程の成果を上げられず、課題を抱えている企業が多いと考えています。

 この課題やニーズに対応するため、JSOLは、業務プロセス全体を自動化しながら業務プロセスに付加価値を与える統合サービスとして、「JSOL SmartPRAS」の提供を開始します。

【JSOL SmartPRAS サービスメニュー】

 「JSOL SmartPRAS」は、(1)業務自動化コンサルティングサービス、(2)業務自動化クラウドプラットフォーム、(3)業務ライブラリ適用・導入支援サービスを統合した、業務プロセスの自動化を実現するためのサービス群です。

 (1)業務自動化コンサルティングサービス

  ・業務標準化コンサルティング、業務自動化ワークショップ

  ・業務自動化レベル診断、業務自動化適用ロードマップ作成支援

  ・自動化ツール適用ガイドライン・ルール策定支援

 (2)業務自動化クラウドプラットフォーム(オンプレミスも提供可)

 (3)業務ライブラリ適用・導入支援サービス

  ・業務ライブラリ、業務シナリオ提供

  ・業務適用支援、オンサイトレクチャーによる継続的な適用業務拡張サービス

  ・WinActor技術者育成研修サービス(初級、中級、上級)

【JSOL SmartPRASの特徴】

 「JSOL SmartPRAS」の特徴は以下の通りです。

 ・業務自動化プラットフォームを適用することで、業務間を接続し、業務全体の自動化を図ることが可能です。自動化の適用対象業務は、間接業務(事務業務)に限定されません。

 ・業種、業務に特化した業務ライブラリを活用することで、業務プロセスの標準化による自動化の実現が可能です。固有(独自)業務に対して活用できる、汎用部品群を備えています。

 ・業務ログデータの蓄積・分析による業務プロセス評価(パフォーマンスモニタリング)や、業務プロセスの継続的改善を支援するサービスを組み合わせることにより、段階的に業務自動化レベル(後述)の向上を図ることが可能です。

 ・自動化適用業務の拡張支援、ルール策定、意識改革、ナレッジトランスファーなど、お客様のニーズに柔軟に対応可能です。

 ・EAIツールによるAPI連携を行うことにより、既存基幹システムや既に利用中の各種RPAツールへの影響を与えずに、限られた定型作業の自動化から、業務プロセスの自動化へと、レベルアップが可能です。

 *以下は添付リリースを参照

以上

 ※本リリースに記載されている製品名、会社名は各社の商標または登録商標です。

 

【ご照会先】

 一般のお客様

 株式会社JSOL 製造ビジネス事業部

 TEL:03−5859−6001

 FAX:03−5859−6033

 E−Mail:rfi@jsol.co.jp

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0468948_01.pdf