ISIDとニューメリカルテクノロジーズ、

金融機関向けリスク管理ソリューションの提供で業務提携

〜パッケージの導入からリスク管理業務の高度化・効率化までをトータルで支援〜

 

 株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:釜井 節生、以下 ISID)とニューメリカルテクノロジーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:鳥居 秀行)は、金融機関におけるリスク管理業務の高度化・効率化に向け、パッケージソフトウエアの提供から、RPA(Robotic Process Automation)の活用も含む最適な業務プロセスの構築ならびに定着まで、トータルで支援するソリューションの提供について業務提携しました。本提携に基づき、ニューメリカルテクノロジーズは金融機関のリスク管理で国内トップクラスの実績を有するパッケージソフトウエア「NtInsight」「NtCloud」の導入を、ISIDは全体プロジェクトの推進、クラウド環境の構築、RPAの活用を含む業務プロセスの構築ならびに定着支援サービスを提供し、両社で金融機関のリスク管理業務の高度化・効率化を支援してまいります。

 近年の低金利政策やFinTechの急速な進展を背景に、多くの金融機関が収益構造の改善に向けた経営改革を進めています。そのような中、収益機会の拡大に向けた多様な金融商品の取り扱いは、市場リスクや信用リスクを中心とするリスク管理業務をますます複雑化させています。大手金融機関はリスク毎に独自のシステムを構築して対応しているものの、取り扱う金融商品が急激に増えつつある保険業界や、IT投資に制約のある中小の金融機関にとって、包括的で効率のよいリスク管理システムの構築は喫緊の課題となっています。

 一方、コスト削減に向けて、RPAなどを活用した業務効率化を図る動きも加速しています。金融機関は一般的に、業務毎に複数のシステムを運用していますが、多くの定型業務がそれら複数システムのアウトプットを取り扱うプロセスとなっており、作業の効率化、自動化が急務となっています。

 このような状況の下、金融機関のリスク管理分野で数多くの実績とノウハウを有するニューメリカルテクノロジーズと、長年にわたり大手金融機関のリスク管理システムの開発を手がけ、RPAの実装・運用支援による生産性向上にも知見を持つISIDが双方の強みを生かすことで、金融機関のリスク管理業務に対しソリューションの提供ができるとして、今般の業務提携にいたりました。

 両社は本提携を通じて、リスク管理業務をITの側面から支援し、金融機関の安定した収益モデルの確立に貢献してまいります。

■NtInsight、NtCloudについて

 ニューメリカルテクノロジーズは金融機関のリスク管理業務に関する専門的な知識とノウハウを有しており、それらをベースとしたリスク管理ソリューションNtInsight、NtCloudを開発、提供しています。NtInsightは信用リスク・市場リスク・流動性リスク・オペレーショナルリスク等の各種リスク管理やALM(資産・負債の総合リスク管理)に対応したパッケージソフトウエアで、HPC(High Performance Computing)によって、高精度かつ、高速なシミュレーションを実現します。

 NtCloudはNtInsightの主要モジュールをクラウド上で提供するサービスです。NtInsightとNtCloudをはじめとするニューメリカルテクノロジーズのソリューションは、大手銀行、生保、損保、商社等、多くの企業で採用されています。

 ※ご参考資料は添付の関連資料を参照

 本リリースに記載された会社名・商品名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

ご参考資料

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0468919_01.pdf