クオリティソフトが入退室管理、勤怠管理ソリューション

「VP-2X」(*)提供開始

 

 クオリティソフト株式会社(本社 和歌山県西牟婁郡白浜町、代表取締役社長 浦聖治 以下「クオリティソフト」)は、株式会社SYNCHRO(本社 東京都千代田区九段下、代表取締役社長:室木勝行 以下、SYNCHRO社)が提供する手の甲静脈認証システム「VP-2X」を、1月22日より販売開始することを発表します。

 昨今、企業でのICT活用が急速に進む中、取扱う情報の重要性が高まっています。

 情報漏えい事件の中でも、流出規模の大きな漏えいは、社内に出入り可能な関係者によって持ち出されるケースが多く、ネットワークやPCのセキュリティ対策だけでは限界があります。

 また、近年では、マイナンバー制度の導入や個人情報保護法の改正により、機密・個人情報を取り扱う区域の管理(物理的安全管理措置)が求められており、セキュリティエリアへの入退室管理は企業規模を問わず必要性が増しています。

 今回の協業により、従来から取り組んで参りました、ISM CloudOneによるエンドポイントセキュリティ対策に加え、VP-2Xによる入退室時の本人確認やなりすましの防止を実現することで、統合的なセキュリティ対策を実現します。

 また、今後、働き方改革(残業問題)への対応として、オフィスの入退室にVP-2Xを設置し従業員の入退室時間を勤怠管理へ活用することで、適切な労務管理への対応も予定しております。

【VP-2Xとは】

 VP-2Xは手の甲の静脈を用いた、入退室管理・勤怠管理ソリューションです。気温や体調の変化を受けにくい手の甲の静脈を読取り、入退室や勤怠の管理として高いセキュリティ性を実現します。

 自分の身体を用いて認証する為、鍵やカードの管理が不要となり、紛失やなりすましのリスクが無くなります。

 またオプション機能として、入室時に発行されるワンタイムパスワードとPCのログイン認証(SIoGATE)を連動することも可能となり、より厳格なセキュリティ環境を構築できます。

  (*)製品名称となっている「2」はローマ数字です。

■株式会社SYNCHROからのコメント

 株式会社SYNCHROは創業以来、業界トップクラスの使いやすさと精度を誇る静脈認識装置を軸に、お客様が目指す「安全」と「安心」の実現をお手伝いして参りました。

 個人認証や固体識別がより重要性を増す昨今の社会環境において、有形/無形の資産を守りたいという個人のお客様、企業様が年々増加しています。

 私どもは、お客様のニーズを第一に、静脈認証システム専業のパイオニアとして培ってきた知識やノウハウをシンクロさせ、世の中のあらゆる活動シーンの健全稼動を支える認証基盤の創造を通して、お客様にながく御付き合い頂ける事業を志しております。

<会社概要>

 会社名:株式会社SYNCHRO

 設立:2001年4月12日

 所在地:〒102-0073 東京都千代田区九段北1-10-9 九段VIGAS 5階

 代表者:代表取締役社長 室木勝行

 URL:http://www.udc-synchro.co.jp/

【クオリティソフト株式会社について】

 クオリティソフトはクライアント管理の「QNDシリーズ」やクラウド型エンドポイントセキュリティ管理「ISM CloudOne」など、PCやスマートデバイスを中心としたエンドポイントのセキュリティ対策のためのソフトウェアの開発・提供を行っております。

 特に「ISM CloudOne」はサービススタート以来お客様の信頼により順調に販売実績を上げており、約53,000社にご導入いただいております。

 ・プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は各社の登録商標または商標です。