南米でのワイヤレス統合ソリューション展開を強化、戦略的パートナーシップを締結

〜光ファイバとワイヤレスの長所を活かした事業展開が可能に〜

 

 当社グループのFurukawa Electric LatAm S.A.(ブラジル連邦共和国パラナ州 社長;Foad Shaikhzadeh、以下FEL社)は、Intracom Telecom(ギリシャ共和国アテネ市 社長;Mohamed Ahmed、以下Intracom社)と戦略的パートナーシップを締結し、両社の製品ラインナップを強化することで合意しました。

■背景

 近年、IoTやインダストリー4.0、5G用フロントホール・バックホール、ビデオストリーミングなどといった新しい通信技術により、光ファイバとワイヤレスの複雑なハイブリッド・ネットワークの必要性が高まっています。

 南米地区で光ファイバケーブルやGPONやWDMなどを展開しているFEL社は、ワンストップショップで最高のソリューションを提供するため、最先端のワイヤレス技術を得意とする戦略的なパートナーを必要としていました。

■内容

 このたびFEL社は、世界的にワイヤレス・トランスポート・アクセスソリューションを展開するIntracom社と戦略的パートナーシップを締結しました。

 今回の合意によって、FEL社は高速大容量通信を実現する豊富な製品群をIntracom社のワイヤレス技術と組み合わせて、統合ソリューションとして通信事業者などへ提供することが可能となります。さらに両社のグローバルマーケットでの高い知名度を活かして、主に南米とイベリア半島の地域でシナジー効果による事業展開を目指しています。

 当社執行役員常務兼FEL社代表取締役社長のFoadは、「Intracom社との戦略的パートナーシップの締結により、光ファイバの超広帯域性とスピーディーで大規模な工事敷設を必要としないワイヤレス技術のそれぞれの長所を活かしたソリューション展開が可能となります。」と述べています。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0468834_01.jpg