Agent Vi 社と映像解析ソフトウエアの販売代理店契約を締結

防犯から店舗管理など幅広いニーズに対応する“savVi(TM)”を発売

 

 キヤノンマーケティングジャパン株式会社(代表取締役社長:坂田正弘、以下キヤノンMJ)は、エージェントビデオインテリジェンス社(Agent Vi(TM)、本社:イスラエル、CEO:Itsik Kattan、以下Agent Vi)と販売代理店契約を締結しました。映像検索や検知機能など複数の機能を持ち、防犯から店舗活用など幅広いニーズに対応するAgent Vi の映像解析ソフトウエア“savVi(TM)(サービ)”を2018 年1月18 日より発売します。

<使用イメージ>

 ※添付の関連資料を参照

 近年、犯罪や災害、事故などの対策や、物流業の業務の効率化、小売・流通業の店舗管理やマーケティング利用など多様な目的でネットワークカメラの映像の活用が拡大しています。

 その一方で、長時間におよぶライブ映像や録画映像の人による確認作業は、業務負荷が大きくなるため効率化が求められています。

 “savVi(TM)”は、ライブ映像や録画映像から人物や車両、静止物を効率的に検知、検索できる映像解析ソフトウエアです。人物などの動きや混雑状況などをリアルタイムに検知する機能や、録画映像から大きさや色や動きなどを指定して検索する機能に加え、人数カウントや動線解析の機能などを備えており、さまざまな用途で活用できます。

 防犯用途では人物や自動車の異常動作のリアルタイムでの発見、物流施設では動線を分析した効率化の検討、店舗などでは動線や混雑把握を使用したマーケティング利用などが可能です。

 さらに、さまざまなソフトウエアやシステムと連携し統合的な映像管理を可能にするマイルストーンシステムズ社のビデオ管理ソフトウエア「XProtect(R)」と連携することで、投光器やセンサーなど各種デバイスやシステムと“savVi(TM)”の連携が可能となり、さまざまなお客さまのニーズに対応します。

 キヤノンMJ は、「XProtect(R)」と、「XProtect(R)」に連携するソフトウエアやシステムの販売を強化しています。今後もキヤノン製のソフトウエアに加え、国内外の優れたソフトウエアやソリューションを展開していくことにより、入力(ネットワークカメラ)、録画(XProtect(R))、映像解析ソフトウエアをワンストップで提供し、国内市場のニーズに応えていきます。

 ・製品名:savVi(TM)

 ・価格:個別見積もり

 ・発売日:2018年1月18日

 ※以下は添付リリースを参照

 

●一般の方のお問い合わせ先:

 NVS イメージングソリューション企画課

 03−6719−9280(直通)

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

使用イメージ

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0468800_01.png

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0468800_02.pdf