陸上オフィスにて

「J−Marine NeCST」の試験運転開始

 

 日本無線株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:荒健次、以下 JRC日本無線)は次世代運航支援装置「J−Marine NeCST(ネクスト)」を日本郵船株式会社の陸上オフィスに設置し、試験運用を開始します。

 J−Marine NeCST(*)は、当社および日本郵船株式会社、株式会社MTIの3社が共同で開発し、昨年5月に発表した運航支援装置です。電子海図に手書き情報や気象情報等を重畳表示することで効率的な航海計画を立案するなど、運航に関わる各種情報をデジタル化し、船舶同士あるいは陸上オフィスとの間で、その情報共有を可能とします。

 (*)NeCST:Navigational electronic Conning Station Table

 これまでは、日本郵船株式会社の運航船に搭載し海上にて試験運用を行ってきましたが、陸上オフィスにおける活用は今回が初の試みであり、インターネットを介してJ−Marine NeCSTを搭載した船舶との「船陸間における情報共有」を試験運用し、その結果をJ−Marine NeCSTの機能性能向上に反映することを目的としています。

 JRC日本無線はこれからもJ−Marine NeCSTをさらに進化させ、将来の自動運航を見据えた船陸間の情報共有の実現、および安全運航に寄与するソリューションを提供していきます。

 ※参考画像・参考資料は添付の関連資料を参照

<関連プレスリリース>

・2017年5月17日[2017年5月17日プレスリリース]

 航海情報管理の新時代に向け

 「J−Marine NeCST」を日本郵船(株)、(株)MTIと共同開発

 —電子海図に簡単手書き入力、IoT活用し安全運航に寄与—

 http://www.jrc.co.jp/jp/about/news/2017/0517-1.html

<J−Marine NeCSTの紹介>

 http://www.jmarinecloud.com/corporation/jm_necst.html

<参考情報>

 日本郵船株式会社

 本社:東京都千代田区

 代表者:代表取締役社長 内藤 忠顕

 ウェブサイト:http://www.nyk.com/

■株式会社MTI

 本社:東京都千代田区

 代表者:代表取締役社長 田中 康夫

 ウェブサイト:http://www.monohakobi.com/ja/

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像・参考資料

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0468788_01.JPG