ユニアデックス「U-Cloud(R)フェデレーション」シリーズに「データ転送サービス」を追加

−安全・安心、確実な大量データの高速転送ツールHULFTをクラウド型で提供−

 

 ユニアデックス株式会社(本社:東京都江東区、社長:東 常夫、以下 ユニアデックス)は、日本ユニシスグループが提供するクラウドサービスU-Cloud(注) IaaSのサービスカテゴリー「U-Cloudフェデレーション」シリーズに、「データ連携サービス」、「ジョブ管理サービス」に続くメニューとして「データ転送サービス」を加え、本日から販売開始します。

 U-Cloud IaaSは「ハイクオリティー マネージドクラウド」をコンセプトに安心、安全なサービスを提供しており、多くの基幹系システムのクラウド基盤に利用されています。U-Cloud IaaSの利用に際して、基幹系システムのデータを情報系システムで活用するなどといった、ハイブリッドクラウド利用形態では、U-Cloud IaaS上のシステムとオンプレミスや他のクラウドサービスとのシステム間でデータの送受信をすることが求められていました。また昨今では、クラウドサービスとIoTゲートウエイや各種デバイスとの間でデータの送受信をすることも求められております。

 これらのニーズに対応するためには、「ファイル転送異常時のリカバリー」、「不正なファイル転送や不正ファイルアクセスの管理」、「ネットワーク帯域圧迫への対処」など、システム間のデータ転送において対処すべき課題がありました。

 このたび提供開始する「データ転送サービス」は、「ファイル再転送機能」、「暗号化通信と詳細な操作履歴記録」、「データ圧縮と転送速度の自動最適化」の機能を保有しています。これらの機能を実現させるために、株式会社セゾン情報システムズのミドルウェアHULFTを採用し、クラウド型で提供します。

 さらに、「データ連携サービス」「ジョブ管理サービス」と組み合わせて利用することにより、ハイブリッド環境のシームレスなシステム連携が可能となります。

 「データ転送サービス」の価格は以下の通りです。

 ●Linuxライセンス(月額):21,000円(税別)〜。

 ●Windowsライセンス(月額):25,400円(税別)〜。

 ●初期設定サービス(一括):222,000円(税別)〜。

 ユニアデックスは、多彩なクラウド環境を連携し、お客さまのICT環境を最適化する「U-Cloudフェデレーション」シリーズに「データ転送サービス」を加えることで、ハイブリッドクラウドへの対応を、さらに加速していきます。

以上

 *以下は添付リリースを参照

 ※U-Cloudは、日本ユニシス株式会社の登録商標です。

 ※「HULFT」、その他株式会社セゾン情報システムズの商品またはサービスの名称は、株式会社セゾン情報システムズの商標または登録商標です。

 ※その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0468747_01.pdf