4K/8K動画編集向けハイパフォーマンスサーバー発売

 

 テックウインド株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:王 夢周)は、映像機器メーカーBlackmagic Design社の映像編集・カラーグレーディングソフトウェアである「DaVinci Resolve Studio」で8K映像の編集・再生に対応するサーバーを発売いたします。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 当該サーバーはIntelの最新CPUであるインテル(R)Xeon(R)スケーラブル・プロセッサーを2基搭載。加えて強力なGPUを搭載することで、4Kのみならず8K動画もストレスなく編集するスペックを備えております。

 2017年11月17日に閉幕したInterBEE 2017において、動画編集ソフトDaVinciResolve14での8K59.94pリアルタイム編集・再生の展示にも利用されました。

 2018年1月頃、Blackmagic Design社より発売を予定しているキャプチャーカード「DeckLink 8K Pro」と組み合わせることで、8K解像度で且つ最高60fpsの速度での編集作業を実現します。4K動画はすでに販売している「DeckLink 4K Extreme 12G」と組み合わせることで、対応が可能です。

 昨今、総務省が2020年の東京オリンピックに向け、4K/8K放送を推進。また2018年には4K/8K実用放送が13局にて始まるという情報もあり、今後4K/8K動画に対する熱は増すばかりです。

 最大でリアルタイム8K60p再生ができる性能ながら、想定売価500万円という比較的リーズナブルな価格設定ですので、8K編集環境の導入のハードルが下がり、より8K動画制作が活発化することは間違いないでしょう。

 是非この機会に、最新鋭の動画編集用サーバーの導入をご検討下さい。 お見積りは、是非当社にお問い合わせください。

 ・サーバー製品型番:SYS-7049GP-TRT/BMD_TWD

 ・想定売価:¥5,000,000-(別途消費税)

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0468734_01.png