次世代自動車開発の心強い相棒!

AUTOSAR C++コーディングガイドラインの適合度を評価する

世界初のソースコード静的解析ツール

「AUTOSAR C++コンプライアンスモジュール」販売

 

 株式会社東陽テクニカ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:五味 勝)は、ソースコード静的解析ソリューションの世界的パイオニア企業であり、AUTOSAR(※1) C++コーディングガイドライン策定に関わるワーキンググループメンバーで唯一の静的解析ツールベンダーである Programming Research Ltd.(本社:英国 ロンドン、以下 PRQA社)が新たに開発した、ソースコード静的解析ツール「AUTOSAR C++コンプライアンスモジュール」の販売を1月5日より開始いたしました。

 「AUTOSAR C++コンプライアンスモジュール」は、車載ソフトウェアのソースコードが、次世代自動車開発で注目を集めている“AUTOSAR C++コーディングガイドライン(※2)”にどの位適合しているかを評価できる世界初(※3)のツールです。AUTOSAR C++コーディングガイドラインに対する記述違反を、正確な解釈と高い精度で自動的に検出します。安心・安全な車載システムの開発に寄与すると共に、無駄な手戻り工数を大幅に削減し、生産性の向上に貢献します。

【AUTOSAR C++コーディングガイドライン誕生の背景】

 先進運転支援システムの高度化および高度自動運転システムの実現が求められるなか、自動車の環境性能・安全性・利便性などの要件は厳しさを増しています。これら要件に対応するため複雑化・大規模化の一途を辿る車載ソフトウェアの高速性・正確性を損なうことなく簡潔に記述するためには、C言語よりも高い抽象度でプログラミングを行うことのできるC++言語を活用する必要があります。

 *参考画像は添付の関連資料を参照

 しかし、ソースコードの品質をチェックするうえで、C++言語には自動車業界標準のガイドラインが存在せず、さらに、より堅牢なコードを記述することのできるC++言語の新仕様(C++14(※4))が考慮されていませんでした。そこでAUTOSARは、C++14に対応した自動車業界の標準コーディングガイドラインが必要であると考え、“AUTOSAR C++コーディングガイドライン”を策定しました。

 安全性の高い車載ソフトウェアの開発を実現するための手段として、コーディングガイドラインの研究と普及に長年取り組んできた東陽テクニカは、今回新たに「AUTOSAR C++コンプライアンスモジュール」の販売を開始することで、C言語の自動車業界標準であるMISRA Cコーディングガイドラインと同様、AUTOSAR C++コーディングガイドラインも国内の車載ソフトウェア開発現場に広く浸透させ、品質・安全性・生産性の向上に貢献し、開発者をさらに支援していきたいと考えています。

 *以下は添付リリースを参照

 ※記載されている会社名および製品名などは、各社の商標または登録商標です。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0468712_01.jpg

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0468712_02.pdf