アズジェントとアクセルビットがワイヤレスセキュリティサービスで協業

〜ワイヤレスセキュリティソリューション「Coronet」をSaaS化〜

 

 株式会社アズジェント(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:杉本隆洋、JASDAQ:4288、以下アズジェント)とAXLBIT株式会社(本社:東京都品川区 代表取締役社長:長谷川章博 以下 AXLBIT)は共同で、SMB市場をターゲットにワイヤレスセキュリティサービス「Asgent ワイヤレスセキュリティ powered by AXLBOX」の提供を開始いたします。

 現在、公衆無線LANは、その便利さから日常生活、ビジネスにおいて不可欠なものとなっています。空港、駅、ホテル、飲食店をはじめ多くの施設で導入がすすんでおり、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年には公衆無線LANの利用者は6,418万人(※1)まで増大すると言われています。公衆無線LANは誰でも手軽に利用できる一方、セキュリティリスクも存在しています。暗号化されていないAP(アクセスポイント)への接続によるID、パスワードの窃取、なりすましによるサービス利用です。また、SSL/TLSやWPA2などで暗号化通信を行っていてもKRACKなどの脆弱性(※2)を持つAPや不正APが存在する場合もあり、必ずしも安全とは言えません。このため、ユーザは安全なAPを利用する必要があります。しかしながら、セキュリティ上問題のあるAPをユーザ側で判断することは難しいのが現状です。

 アズジェントの提供するCoronet社のワイヤレスセキュリティソリューション「Coronet」はモバイルデバイスが安全に無線システムを利用するためのセキュリティプラットフォームです。予め定義されたセキュリティレベルをクリアしていないAPへのアクセスをブロックするとともに、接続後も通信の挙動を監視し、異常が検知された際にはすぐに接続をブロックします。一方、AXLBITの提供するサービス「AXLBOX」は、SaaSによる企業の戦略的、効率的なIT活用を支援するプラットフォームです。信頼性の高いデータセンターおよびクラウド基盤上でサービスを展開し、サービスにはユーザサポート、24時間365日体制のインフラ運用・監視等が含まれているため、ユーザ企業にとって導入の負担が少なく、すぐに導入ができるサービスとして、多くのSMB企業で利用されています。

 今回の協業により、AXLBITは「AXLBOX」のラインナップとして、SMB市場をターゲットに「Asgent ワイヤレスセキュリティ powered by AXLBOX」を加え、サポートも含めたサービス提供を行います。また、アズジェントはアクセルビットに「Coronet」を提供するとともに、AXLBITに対して技術支援を行います。

 「Asgent ワイヤレスセキュリティ powered by AXLBOX」を利用することにより、出張の際にも空港、ホテル等に複数点在するセキュリティリスクを持つAPを避けて、安全にネットワークにアクセスすることができます。また、働き方改革によるテレワークにおいても安全にデータを扱うことが可能となります。

 尚、サービス開始時期は2018年2月、定価は100ユーザ(※3)の場合、1ユーザあたり月額1000円、初年度販売目標は50社です。

 ※1 総務省 公衆無線LANのセキュリティの現状について(http://www.soumu.go.jp/main_content/000520068.pdf)

 ※2 近年の脆弱性の例としては、POODLE(2014年)、Heartbleed(2014年)、KRACK(2017年)等がある。

 ※3 ユーザ数は24時間以内にサービスにアクセスしたアクティブなユニークユーザ数です。

 *以下は添付リリースを参照

 

【読者からのお問い合わせ先】

 株式会社アズジェント

 〒104-0044 東京都中央区明石町6-4

 TEL:03-6853-7402 FAX:03-6853-7412 E-mail:info@asgent.co.jp

 https://www.asgent.co.jp/

 AXLBIT株式会社

 〒140-0002 東京都品川区東品川2-2-28

 TEL:03-4590-9974 FAX:050-3153-3067 E-mail:sales@axlbit.com

 http://www.axlbit.com/

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0468689_01.pdf