ソネット・メディア・ネットワークス、

「Logicad Video Ads」の提供を開始

〜国内有数のプレミアム媒体への出稿が可能なプログラマティック動画配信〜

 

 ソネット・メディア・ネットワークス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:石井 隆一)は、動画広告配信強化の一環として「Logicad Video Ads」の提供を、本日1月17日より開始いたします。

 「Logicad Video Ads」は、DSP(*1)「Logicad」をベースとした動画広告配信メニューです。これまで「Logicad」における広告配信にて培われた、独自のターゲティング技術を活用した動画広告の配信を行います。動画広告のフォーマットについては、記事と記事の間や記事下に配信される「インリード広告」を採用しています。ブラウザー上で画面をスクロールし、ビデオ表示の可視範囲が一定の面積(50%)以上表示された時点で動画が再生(In-View 再生)されるため、ユーザーの視聴体験に配慮したものとなっています。

 

 また世界最大級のアウトストリーム広告マーケットプレイスTeads社(仏国)と連携し、豊富なジャンル(ニュース、ビジネス、女性向けなど)を有する国内のプレミアム媒体へリーチが可能なため、広告主の広告効果最適化を実現します。

 *参考画像は添付の関連資料を参照

□「Logicad Video Ads」の特徴

 1.ブランド毀損を未然に防ぐブランドセーフティー機能

  国内での実績の高いMomentum社の「Black Swan」を導入しています。「Black Swan」は、独自の機械学習を用いたアルゴリズムにより各コンテンツの内容を解析し、ネガティブなサイトに対する配信を抑制し、ブランド毀損を未然に防ぐことができます。

 *以下は添付リリースを参照

以上

 ※記載されている会社名および商品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0468647_01.JPG

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0468647_02.pdf