システム導入のための意思決定サイト

プレスリリース

アライドテレシス、自律型無線LAN「AWC」のコントローラー機能をUTM/VPNルーターに搭載

2018/01/17 アライドテレシス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自律型無線LAN「AWC」のコントローラー機能をUTM/VPNルーターに搭載。-スイッチ/ルーター製品、ファームウェア「AlliedWarePlus(AW+)」バージョンアップで機能拡張-

 

 アライドテレシス株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役社長 大嶋章禎)は、スイッチ/ルーター製品のファームウェア「AlliedWarePlus(AW+)」をバージョンアップし、新ファームウェア「AW+ Ver.5.4.7-2.4」の当社ホームページからのダウンロードサービスを1月17日より開始しました。また、UTM/VPNルーターの「AWC」対応に伴い、新製品無線LANコントローラーライセンスの出荷を1月24日より開始します。

■ファームウェア「AW+ Ver.5.4.7-2.4」で拡張した主な機能

 (1)UTM/VPNルーターの「AWC」対応

 UTM/VPNルーター(AR2010V、AR2050V、AR3050S、AR4050S)が、自律型無線LANソリューション

 「AWC(Autonomous Wave Control)」に対応しました。UTM/VPNルーターは標準で無線アクセスポイント(AP)を5台まで管理できるため、小規模なオフィス等でも無線コントローラー機能を手軽に導入できます。さらに、近隣APからの電波干渉対策も自動的に行うことが可能なため、無線LANの運用にかかる手間や費用の削減を実現します。また、AR4050Sにおいては別売の新製品無線LANコントローラーライセンスをご購入いただくことで、最大25AP(標準5AP+追加ライセンス20AP)まで管理することが可能です。

 (2)DHCPサーバを利用したオートリカバリー機能の追加(IE200シリーズにおいて新規対応)

 産業用スイッチIE200シリーズにおいて、外部メディアや隣接ノードの補助なしにオートリカバリーが可能になりました。

 (3)AMFアプリケーションプロキシ機能の拡張

 固定IP端末への通信制御、IPレベルでの通信制御、MACアドレス指定通信制御、隔離VLANへの通信隔離/分離の機能を拡張しました。これらの機能拡張により、AMF導入済みの顧客資産へのSES連携、セキュリティアプリケーション連携ソリューションの提案活動を支援します。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0468624_01.pdf

注目コンテンツ