入力支援JavaScriptライブラリを新発売

—InputManJS—

 

 グレープシティ株式会社(本社:仙台市泉区紫山 3-1-4、代表取締役社長:馬場 直行)は、入力支援コンポーネントとして実績のあるInputManの技術を応用し製品化したHTML5/JavaScript開発用ツール「InputManJS(インプットマンJS)」を2018年2月14日(水)に発売します。1開発ライセンス価格は162,000円(8%税込)、配布ライセンスは648,000円(8%税込)です。なお、開発ライセンス・配布ライセンスはサブスクリプション契約となり、2年目以降のリニューアル価格は両ライセンスとも162,000円(8%税込み)となります。

 業務アプリケーションでは近年Web化が進み、これまで利用していたデスクトップアプリケーションと同等の機能を求める声が多く聞かれるようになってきています。

 当社ではこれまでJavaScriptライブラリとして、Wijmo、SpreadJSを提供してきましたが、クライアントサイドでのユーザーインタフェース(UI)の向上につながるとご好評いただき導入件数、問い合せ件数とも発売以降増加を続けています。

 *参考画像は添付の関連資料を参照

 今回発売するInputManJSは、当社が1993年にActiveX版を発売し、現在もWindows Forms、ASP.NET、WPFの製品ラインナップで展開しているInputManの技術を応用し開発した入力用JavaScriptライブラリです(※)。文字種制限、日付書式、定型書式など、あらゆるタイプの入力方式に対応し、指定文字種に自動変換、入力完了後の自動フォーカス移動、リアルタイムな入力チェックといった機能も備えるため、入力ミスやストレスが少ない生産性の高い業務アプリケーションを短期で開発できます。また、日本仕様にこだわり、和暦や漢数字、会計年度といった日本固有の入力や表示にも対応。形成するモジュールは約600キロバイトに最適化されているため、マルチブラウザ・マルチデバイス対応の軽量かつ高速なWebアプリケーションを実現できます。

 ※ActiveX版、.NET版のInputMan累計販売ライセンス数:約95,000本

■InputManJSの詳細は製品ページをご確認ください。

 https://www.grapecity.co.jp/developer/inputmanjs/

 *以下は添付リリースを参照

 ・Microsoft、Windowsは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

 ・GrapeCityおよびActiveReports、ComponentOne、InputMan、SPREAD、Wijmoはグレープシティ株式会社の登録商標または商標です。

 ・その他記載されている製品名は各社の登録商標または商標です

 

◆お問い合わせ

 一般の方のお問い合わせ先

 グレープシティ株式会社

 ツール事業部 営業部

 sales@grapecity.com

 048-222-3001

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0468594_01.jpg

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0468594_02.pdf