パンタグラフ式ながら3.8mmの深いキーストローク。

自由なキー割り当てが可能なショートカットキー付きの

クリエイター向けUSBキーボードを発売

 

 メルコホールディングス(東・名6676)グループの中核企業 株式会社バッファロー(本社:名古屋市、代表取締役社長:井上 武彦、以下バッファロー)は、「ディープストロークパンタグラフ」採用のUSB接続キーボード「BSKBU510BK」を発売します。2018年1月下旬より、順次発売を開始します。

 本製品は、パンタグラフ式ながら3.8mmの深いキーストロークを実現する「ディープストロークパンタグラフ」を採用したUSBキーボードです。デスクトップパソコンに多く採用されているメンブレンキーボードのような高いストロークのキータッチと、パンタグラフキーボードのブレないキー構造が融合。4点で支えるパンタグラフ機構が、キーのどの位置からも快適に入力可能で深くブレの少ない打鍵感と約3,000万回の押下に耐える耐久性能を実現。入力作業への集中力を高めます。

 さらに、テンキー上部に4つの「プログラマブルホットキー」を搭載。専用ソフトウェア「BUFFALO Programmable Keyboard Utility」でアプリケーションのショートカットなど任意のキーの組み合わせを自由に割り当てられます。

 接続ケーブルを引き出す底面のケーブルガイドは、左、右、中央の3方向への引き出しが可能。パソコンの設置場所に合わせて任意の方向へケーブルを引き出せます。

 ※製品画像は添付の関連資料を参照

■ディープストロークパンタグラフ採用 USB接続キーボード

 ・型番:BSKBU510BK

 ・価格:オープン

 ・出荷予定:2018年1月下旬

■関連ページ

 >BSKBU510BK 製品ページ

 http://buffalo.jp/product/input/keyboard/bskbu510/

 

●ユーザー様のお問い合わせ先

 バッファローお得マガジン「ハロー!バッファロー」

 製品に関するお問い合わせ(ハローバッファロー) http://86886.jp

 

 リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

製品画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0468586_01.JPG