Mediplat社の「first call」と提携

「Apartment kit」の入居者向けサービス「Benefit」に

オンライン健康相談プラットフォーム「first call」を導入決定

 

 アプリではじめるアパート経営「TATERU(タテル)」の開発・運営を行う株式会社インベスターズクラウド(本社:東京都港区/代表取締役:古木大咲/証券コード:1435、以下当社)の子会社である株式会社Robot Home(以下ロボットホーム)は、メドピアグループの株式会社Mediplat(本社:東京都渋谷区/代表取締役 CEO:林 光洋、以下 Mediplat社)と業務提携し、同社が運営するオンライン健康相談プラットフォーム「first call」をロボットホームが開発を行う「Apartment kit」の入居者向けライフスタイルコンテンツ「Benefit」に導入することを決定いたしましたのでお知らせします。「Benefit」のサービスは、当社が提供する「TATERU」IoTアパートに設置する「TATERU kit」においても提供してまいります。

◯「Benefit」への健康相談サービス導入について

 ロボットホームでは、「Apartment kit」のセントラルコントローラーに搭載されるユーザー向けサービス「Benefit」のコンテンツとして、食事・ファッション・家事サービスなど、ライフスタイルに関わるサービスの開発を行っております。

 *参考画像は添付の関連資料「参考画像(1)」を参照

 Mediplat社との提携は、同社の展開するオンライン健康相談プラットフォーム「first call」のサービスを「Benefit」に導入するものです。「first call」は、会員登録を行なって月額540円(税込)で、いつでも何度でも、医師に直接チャット形式で健康相談ができるサービスです。ご自身の体調に関する不安や、ご家族の症状について、「小児科」・「産婦人科」・「精神科」・「内科」・「眼科」・「整形外科」・「外科」・「がん診療科」など12科目に対応し、チャット形式で気軽に相談が可能なほか、より詳しく相談したい場合は15分間のTV電話相談にも対応しています。

 ※first callは、医師による健康相談サービスです。診察・診断ではございませんので、ご自身の判断で医療機関に受診をされますようにお願いいたします。

 *参考画像は添付の関連資料「参考画像(2)」を参照

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像(1)

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0467990_01.JPG

参考画像(2)

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0467990_02.JPG

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0467990_03.pdf