イメージキャプチャリングソフトウェア「PaperStream Capture Pro」を販売開始

〜マルチステーション対応、イメージデータの自動仕分けや業務システム連携により、エントリー業務の生産性を大幅に向上〜

 

 株式会社PFU(代表取締役社長:長谷川 清、横浜本社:横浜市西区)は、業務用イメージスキャナで世界シェアNo.1(注1)の「fiシリーズ」を活用し、紙文書電子化業務を効率化するキャプチャリングソフトウェア「PaperStream Capture Pro(ペーパーストリーム キャプチャー プロ)」を本日より販売開始します。

 本ソフトウェアは、紙文書電子化作業の各工程を複数人で分担できる「マルチステーション」、OCR、バーコード/二次元コード、直接入力値など最大20個までのフィールドを使ったイメージデータの多彩な仕分け機能やシステム連携など「fiシリーズ」標準添付の「PaperStream Capture」の機能を大幅に強化、お客さまの業務効率化や働き方改革の推進を強力に支援します。

■背景

 「PaperStream Capture Pro」は、業務用イメージスキャナ「fiシリーズ」に標準添付されている「PaperStream Capture」の機能を大幅に強化した有償ソフトウェアです。本ソフトウェアにより原稿のスキャン、OCR(注2)、バーコード/二次元コード(注3)認識、画像品質確認、インデクシング、データ仕分け、システム連携などを行うことができます。また、スキャン、画像チェック、インデックス入力、最終確認の各工程を複数人で分担することができ、お客さまの業務効率化や、働き方改革の推進を支援します。

 「PaperStream Capture Pro」は、2015年9月より、海外市場で先行販売されており、金融機関における財務・税務書類管理、医療機関におけるカルテ管理、教育機関での成績書管理などの業種に特化した業務での活用や、BPO(注4)事業者による大量紙文書の電子化など幅広くご利用いただいています。このように海外市場で多くの実績を持つイメージキャプチャリングソフトウェア「PaperStream Capture Pro」を今般、日本国内市場においても販売を開始します。

■PaperStream Capture Proの位置づけ

 ※参考資料は添付の関連資料を参照

■適用業種・業務

 「PaperStream Capture Pro」は、金融、保険、医療、教育、製造などの各業種における文書管理、電子ファイリング、各種伝票処理や、BPOにおける大量紙文書の電子化など様々な業務でご利用いただけます。

 ※以下は添付リリースを参照

 

■商標について

 ・PaperStreamは、株式会社PFUの日本における登録商標です。

 ・その他、記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

以上

 

◆お客様お問い合わせ先

 株式会社PFU

 イメージング サービス&サポートセンター

 電話:050−3786−0811

 E−mail:scanners@pfu.fujitsu.com

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考資料

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0467979_01.JPG

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0467979_02.pdf