サイバーテック、「Publish MakerX」バージョンアップ

インターフェイスを一新。レスポンシブ化により、タブレットにも対応

 

 お客様のマニュアル制作をITでサポートする、株式会社サイバーテック(代表取締役社長:橋元 賢次 本社:東京都渋谷区、以下サイバーテック)は、ブログ感覚で入稿〜Webと紙を連携する国産CMS「Publish MakerX」のバージョンアップを行い、Version4.3をリリースいたします(出荷開始日:2018年1月9日)。

 今回のバージョンアップは、Version4.2から4.3へのマイナーバージョンアップとなります。主に強化されたポイントは、Webブラウザで入稿・管理を行うことができるマニュアル制作用CMS「Publish MakerX」のユーザインターフェイスを一新し、レスポンシブ化を実現しました。

 これにより、タブレットでの操作性を向上させただけではなく、PCによる編集作業時においても、画面領域を無駄なく目いっぱい使うことが可能となり、制作効率の大幅な向上を実現しました。また、検索結果項目を制御する機能も搭載し、必要な情報のみをさらに高速に取り出すことが可能となりました。

 Webファーストで「脱DTP・脱WORD」を実現するCMSとしてさらに強化された「Publish MakerX」で、これからも皆様のマニュアルをはじめとするコンテンツ制作業務を強力にサポートいたします。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0467704_01.pdf