TIS、人材マネジメント基盤の構築と人材データ活用を支援する『Oracle HCM Cloud活用サービス』を提供開始

〜サービス提供に先立ち自社導入を行い、ナレッジとノウハウを、導入方法論やテンプレートへ展開〜

 

 TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:桑野 徹、以下 TIS)は、オラクルが提供する企業の人材管理やタレントマネジメントのクラウド・アプリケーション「Oracle Human Capital Management Cloud (以下 Oracle HCM Cloud)」を活用し、効果的な人材マネジメント基盤の構築と人材データ活用を支援するための『Oracle HCM Cloud活用サービス』(https://www.tis.jp/service_solution/oracle_hcm_cloud/)を提供開始することを発表します。

 『Oracle HCM Cloud活用サービス』は、人材マネジメントにおける現状課題の可視化(HRアセスメントサービス)から、ロードマップ策定、使用するデータの前処理(データ・プレパレーション)、「Oracle HCM Cloud」をベースとしたシステム化までをワンストップで支援するサービスです。

 本サービスでは、人材マネジメントの高度化・効率化に向けた先進的な機能を持つ「Oracle HCM Cloud」を活用し、企業の課題に合わせた必要な人材データの蓄積と人材マネジメント施策推進に効果的に結び付けていく仕組みを実現します。

 TISのこれまでのノウハウを集約した独自のKPIテンプレートを活用することで「Oracle HCM Cloud」のクイックな導入を実現します。また導入後には、人材データの推移分析による人材マネジメント施策効果の測定や、RPA (Robotic Process Automation)ツールを活用したデータ蓄積の質・量の向上を行います。

■『Oracle HCM Cloud活用サービス』の全体像

 *参考画像は添付の関連資料を参照

 TISでは、戦略的人事の実現や、事業環境変化へ柔軟に対応できる人材管理に課題を持つ、成長企業や大企業に『Oracle HCM Cloud活用サービス』を提供していき、2020年までに30社への提供を目指します。

 *以下は添付リリースを参照

 ※OracleとJavaは、Oracle Corporation及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。

 ※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0467652_01.JPG

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0467652_02.pdf