トランスコスモス、「DECAds Connect Edition」の「Amazon Alexa」への対応を開始

お客様企業の既存デジタルサービスやAI/bot サービスを、簡単に短期間で スマートスピーカーに対応

 

 トランスコスモス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:奥田昌孝)は、Amazon が提供するクラウドベースの音声サービス「Amazon Alexa」に、コミュニケーション管理プラットフォーム「DECAds Connect Edition」を対応させました。音声で操作でき、常にハンズフリーで利用できるスピーカー「Amazon Echo」などのAlexa対応デバイスに、お客様企業独自のサービス(情報)やAI/bot によるチャットサービスを簡単に短期間で対応させることが可能です。

 *参考画像は添付の関連資料「参考画像(1)」を参照

 「DECAds Connect Edition」は、LINE、Facebook メッセンジャーなどの各種コミュニケーションチャネルと連携が可能なコミュニケーション管理プラットフォームです。Amazon が提供するクラウドベースの音声サービス「Alexa」に対応し、テキストを通したコミュニケーションだけではなく、「Echo」に話しかけるだけの音声によるコミュニケーションを実現したことで、今まで顧客が経験したことのなかった新しい顧客体験を提供し、さらに顧客の期待やニーズにマッチしたコミュニケーションが可能です。トランスコスモスでは、お客様企業がもつサービス(情報)の「Alexa」への対応、「Alexa」に対応したAI/bot によるチャットサービスの導入を支援します。

●トランスコスモス独自スキル「Harapeco 晩ご飯!」も「Alexa」に対応

 「Alexa」に対応する「DECAds Connect Edition」を活用し、トランスコスモス独自スキル「Harapeco 晩ご飯!」の提供を開始しました。Amazon EchoなどのAlexa対応デバイスに「アレクサ、Harapeco 晩ご飯で今日の晩ご飯」と話しかけるだけで、145 種の主菜と55 種の副菜の中から今日の晩ご飯のメニューを提案するサービスです。これにより、今までは必須であったスマートフォンの操作がなくなり、家事や子供の世話をしながらハンズフリーで日々悩みがちな晩ご飯メニューのアイディアを得ることができます。

 *参考画像は添付の関連資料「参考画像(2)」を参照

■Alexa とは

 Alexa‐Amazon Echo を支える頭脳

 Amazon Echo を支える頭脳であるAlexa は、クラウドに構築され、常に進化し、賢くなっています。Alexa に話しかけるだけで、音楽の再生、ニュースやスケジュールの読み上げ、タイマーやアラームのセット、プロ野球や大相撲などスポーツ結果の確認など、日常のさまざまな場面で役に立ちます。Echo の遠隔音声コントロール技術により、部屋中のさまざまな場所からでも、話しかけるだけで、これらのすべてを行うことができます。

 *以下は添付リリースを参照

 ※トランスコスモスは、トランスコスモス株式会社の日本及びその他の国における登録商標または商標です

 ※その他、記載されている会社名、製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像(1)

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0467650_01.png

参考画像(2)

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0467650_02.png

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0467650_03.pdf