システム導入のための意思決定サイト

プレスリリース

日本IBM、トレジャーデータのカスタマー・データ・プラットフォーム「TREASURE CDP」の販売を開始

2018/01/09 日本IBM

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TREASURE CDPを活用しデジタル変革をトータルで支援

戦略策定からシステム構築、高度なマーケテイング分析まで

 

 日本IBMは、トレジャーデータ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:三橋秀行、以下トレジャーデータ)が提供するカスタマー・データ・プラットフォーム「TREASURE CDP」の販売を本日より開始し、戦略コンサルティングからシステム構築、マーケティング分析まで、デジタル変革を統合して支援する体制を強化します。

 企業が蓄積する顧客データ、取引データといった多種多様なデータは個別に管理されていることが多く、データを連携させることが課題となっています。さらに、IoTやソーシャル・メディアによるビックデータ、販売されているデータ(サードパーティ・データ)などと企業データを関連づけることで新たなビジネス価値を創出することが可能です。そのため、これらのデータを統合したデータ基盤を構築し、優れた知見やスキルを生かしてデジタル変革を推進することが、企業競争力を高める鍵となります。

 今回、データとデザインを融合しパーソナライズされた顧客体験の創出を支援する日本IBMのインタラクティブ・エクスペリエンス事業の知見や、IBMクラウドを活用したシステム構築などのスキルと、トレジャーデータの「TREASURE CDP」を組み合わせます。特長は、お客様に最適なシステムとなるように、マーケティング・ツールを追加したり既存の顧客データベースと連携させるなど、「TREASURE CDP」のデータ・プラットフォームを活用しながら企業システム全体のデザインや構築を支援できることです。さらに高度な分析技術を持つデータ・サイエンティストがデータの分析支援を行い、効果的なデジタル・マーケティングを支援します。このように、戦略コンサルティングからシステム構築、マーケティング分析まで、デジタル変革を統合して支援する体制を強化します。

 トレジャーデータの「TREASURE CDP」は、広告領域、マーケティング領域、CRM領域を横断・統合するためのデジタル・マーケティング向けソリューションです。顧客のログをリアルタイムに解析してコンテンツの出し分けを可能にしたり、ページ内のキーワード抽出(自然言語処理、機械学習)や関心キーワード群を発見してセグメント化することができます。また、高度なデータベース言語の知識がなくてもデータ・プラットフォームを構築できる容易さや、強固なセキュリティーも特長です。

以上

 IBM、IBMロゴ、ibm.comは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corp.の商標です。他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点でのIBMの商標リストについては、http://www.ibm.com/legal/copytrade.shtml (US)をご覧ください。

 

<お客様その他のお問い合わせ先>

 ダイヤルIBMお客様相談センター

 フリーダイヤル:0120-04-1992

おすすめの記事

    関連プレスリリース

      注目コンテンツ