ジェムアルト、世界初の非接触決済向け生体認証対応カードを発表

 

 -PINコードに代わり生体認証を採用することで、より高額な非接触決済に対応

 -利用登録手続きは銀行店舗で行い、機密性の高い生体情報はカード本体に格納することで、プライバシーを保護

 -カードへは決済端末から電力供給するため、バッテリーが不要

 

 アムステルダム,2018年1月4日-(JCN Newswire)-デジタルセキュリティの世界的なリーダー企業であるジェムアルト(ユーロネクスト NL0000400653 GTO)が開発した、ICチップによる認証と非接触認証の両方に対応する世界初のデュアルインターフェイス生体認証対応EMV決済カードが、キプロス銀行に採用されました。本カードはPINコードに代わって指紋認証を本人確認に用いており、カードユーザーが指紋を決済端末上のセンサーで読み取らせると、スキャンされた指紋データがカード本体に格納ずみの指紋データと照合されます。生体認証決済カードは決済端末から電力供給されるためバッテリーは不要で、バッテリー寿命の心配がないほか、実行できるトランザクションの件数にも上限はありません。また、キプロス銀行で既に導入されている非生体認証の決済端末との互換性もあります。

 カードユーザーのプライバシー保護を最大限に配慮した生体認証ソリューションおよび利用登録手続き

 ジェムアルトが提供する生体認証決済カードは、生体データが常にエンドユーザーの管理下に置かれるべきという考え方に則っています。キプロス銀行の顧客は、同行の店舗で、本ソリューション用に設計したジェムアルトのタブレットを用いて利用登録手続きを短時間で済ませることができます。プライバシー保護のため、生体情報の登録とカード有効化手続き中は、無線通信は使用しません。また、利用登録手続きで取り込まれた指紋データは、カード本体のみに格納されます。

 ジェムアルトで金融事業本部エグゼクティブ・ヴァイス・プレジデントを務めるBertrand Knopfは、次のように述べています。「キプロス銀行のお客様は、世界で初めて、非接触決済カードで生体認証の利便性を手にすることができます。ジェムアルトが提供する生体認証決済カードは、セキュリティとプライバシーを高度に配慮した設計をしています。また、お客様がカード支払いをする際の一連の手順の中で、非接触決済での生体認証の操作はごく自然です。より高額なトランザクションがPINを入力することなく可能となり、非接触決済そのものの利便性もあわせ、ユーザーエクスペリエンスが向上します。」

 キプロス銀行のカードセンターでマネージャを務めるStelios Trachonitisは、次のように述べています。「機密性の高い政府文書の管理で得た業務ノウハウと先進的な生体認証アプリケーションにより、ジェムアルトは、利便性と安全性を両立した認証方式を当行へ提供してくれました。ジェムアルトの革新的な決済ソリューションにより、当行のお客様は、自らの生体情報が決して他人の手に渡らないという安心感を得られます。」

■ジェムアルトについて

 ジェムアルト(ユーロネクスト NL0000400653 GTO)はデジタルセキュリティの世界的なリーダー企業であり、2016年の年間売上高は31億ユーロを記録し、世界の180ヶ国以上に顧客を有しています。ジェムアルトは、急速に発展し、密接につながったデジタル社会に信頼をもたらします。

 セキュアなソフトウェアから、生体認証及びデータの暗号化までを実現する当社の技術とサービスにより、企業や行政機関は、本人認証とデータ保護が可能となり、個人用デバイス、コネクテッド・オブジェクト、クラウド、およびこうしたデバイス・環境間で安全性を保ち、サービスを提供します。

 ジェムアルトのソリューションは、決済から企業セキュリティ、さらにモノのインターネットまで、現代生活の中心に据えられています。当社は人々、取引、オブジェクトの認証を行い、データを暗号化し、ソフトウェアに価値を生み出します。これにより、当社のお客様は何十億もの人々やモノにセキュアなデジタルサービスを提供することができます。

 当社は世界48ヶ国に112の事業所、43の発行センターおよびデータセンター、30の研究所およびソフトウェア開発拠点を構え、1万5千人以上の従業員を擁しています。

 さらに詳しい情報はhttp://www.gemalto.comを参照いただくか、Twitterで@gemaltoをフォローしてください。

 本プレスリリースの文言は翻訳されたもので、いかなる場合も公式版とはみなされないこととします。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンである英語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。