VR技術を活用した研修コンテンツの導入を検討

 

 ソフトバンク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:宮内 謙、以下「ソフトバンク」)とスカイマーク株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:市江 正彦、以下「スカイマーク」)は、航空機の安全運航に向けた取り組みの一環として、VR(バーチャルリアリティー、仮想現実)技術を活用した映像コンテンツによる研修効果を検証することといたしましたので、お知らせいたします。

 VR映像の活用により、ユーザーは普段あまり体験することのない状況を仮想体験することができ、より具体的なイメージを持つことができます。360度のVR映像を従来の研修・訓練などに導入することで、技能向上や知識習得などに有効活用が期待できることから、ソフトバンクとスカイマークはVR映像を活用できる研修や訓練などの項目とコンテンツの検討を進めてまいります。

■VR映像撮影風景

 ※添付の関連資料を参照

 ・SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。

 ・その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

VR映像撮影風景

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0467440_01.png