『動画&動画広告 月次定点調査(2017年11月度)』結果を発表

最もシェアされやすい動画SNSは「YouTube」

10代では「Twitter」「インスタ」も

〜動画専門メディアの利用率はいずれも1割未満。若年層ほど利用率が高い〜

 

 株式会社ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『動画&動画広告 月次定点調査(2017年11月度)』の結果を発表します。本調査は、15歳〜69歳の男女1,100名を対象にしています。

 また、集計データとしてまとめた全64ページの調査結果レポートを、「Marketing Research Camp」の自主調査レポートページ(https://marketing-rc.com/report/)から、無料でダウンロード提供します。

【調査結果の概要】

■最もシェアされやすい動画SNSは「YouTube」。

 10代では「Twitter」や「インスタ」も

 1週間に1回以上動画を視聴している人に、普段、動画コンテンツを視聴しているプラットフォームのなかで、「いいね」や「シェア」をする頻度が最も高いプラットフォームを聞いたところ、「YouTube」を挙げる人が一番多いという結果になりました(46.7%)。

 10代に限ってみてみると、「YouTube」を挙げる人が最も多いという傾向は同じでしたが(47.9%)、「Instagram」(14.1%)、「Twitter」(14.1%)に対しても、他の年代に比べて「いいね」や「シェア」をする人の割合が高いことがわかりました。

■動画専門メディアの利用率はいずれも1割未満。若年層ほど利用率が高い

 スマートフォンを所有している人に、動画配信に特化した「動画専門メディア」について利用経験があるものをすべて挙げてもらったところ、最も回答が集まったのは「kurashiru(クラシル)」(9.8%)でした。

 年代別に見てみると、若年層ほど「動画専門メディア」の利用率が高い傾向にあり、10代は「kurashiru」(14.0%)と「C Channel」(11.8%)、「DELISH KITCHEN」「360Channel」(ともに、10.8%)の利用率が、いずれも1割を超えました。

 ※複数回答あり。

■10代と20代に最も利用されている動画専門メディアは、「C Channel」

 最も利用頻度が高い「動画専門メディア」を一つだけ挙げてもらったところ、「kurashiru」(21.5%)と答えた人が一番多いという結果になりました。10代に限ってみてみると「C Channel」(12.8%)、20代は「C Channel」と「Kurashiru」(ともに、18.8%)でした。

■最もシェアをする頻度が高い動画専門メディアは「Kurashiru」

 利用したことがある「動画専門メディア」のうち、コンテンツへの「いいね」や「シェア」をする頻度が最も高いと多くの人から挙がったのは「kurashiru」(16.8%)、次いで「DELISH KITCHEN」(9.8%)でした。

【調査の実施概要】

 調査名:『動画&動画広告 月次定点調査(2017年11月度)』

 調査期間:2017年11月29日(水)〜12月3日(日)

 調査対象:15歳〜69歳の男女1,100名

 質問項目:

  ・動画コンテンツの視聴状況を教えてください。

  ・1日あたりの平均的な動画視聴時間を教えてください。

  ・動画コンテンツを視聴するデバイスを教えてください。

  ・動画コンテンツを視聴するプラットフォームを教えてください。

   (YouTube/LINE/Facebook/Instagram/Twitter/MixChannel/

    Snapchat/SNOW/ツイキャス/ニコニコ/そのほかのSNS)

  ・動画コンテンツの投稿状況を教えてください。

  ・動画コンテンツをスマートフォンで視聴する際の向きを教えてください。

  ・今月、視聴した動画のジャンルを教えてください。

  ・最も利用頻度が高い動画プラットフォームを教えてください。

  ・いいねやシェアを最も行う動画プラットフォームを教えてください。

  ・動画配信メディアの利用状況を教えてください。

 提供するレポートの概要:

  全64ページ。集計データを、「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」自主調査レポートページ(https://marketing-rc.com/report/ )より提供します。

【「Fastask」について】

 「Fastask(ファストアスク)」は、日本語ワープロソフト「一太郎」や日本語入力システム「ATOK」(エイトック)などのソフトウェアの開発・提供を行う、ジャストシステムが2011年10月より始めた、セルフ型のネットリサーチサービスです。

 ネットリサーチのプロセスを徹底的にクラウド化することで、“従来の3分の1という低価格”と“スピーディーな調査”を可能にしました。

 【本調査】1問1サンプル回収あたり一律:10円(税別)

 【スクリーニング調査】2,000サンプル回収あたり一律:10,000円(税別)

【「Marketing Research Camp」】https://marketing-rc.com/

 旬なマーケティング情報を「リサーチ」という独自の切り口から紹介する情報サイトです。これまでのFastask自主調査結果レポートもすべてご覧いただけます。

 「株式会社ジャストシステム のFastask調べ」

以上

 * 記載された社名および製品名は各社の商標または登録商標です。

 

◆読者からのお問い合わせ先:

 インフォメーションセンター

 TEL:03-5324-7624、06-6886-9300