賃貸オーナーのための、賃貸経営アプリ

「Apartment kit for Owner」の提供決定

IoT 賃貸経営プラットフォーム「Apartment kit」による

オーナー・入居者・管理会社の三者コミュニケーションを円滑化

 

 アプリではじめるアパート経営「TATERU(タテル)」の開発・運営を行う株式会社インベスターズクラウド(本社:東京都港区/代表取締役:古木大咲/証券コード:1435、以下当社)の子会社である株式会社 Robot Home(以下ロボットホーム)は、賃貸オーナーのための、賃貸経営アプリ「Apartment kit for Owner」の提供を2018年1月に行うことを決定いたしましたのでお知らせします。

◯賃貸オーナーのための、賃貸経営アプリ「Apartment kit」

 ロボットホームでは、賃貸住宅をIoT化するIoTデバイス「Apartment kit」の提供を行い、入居者向けのサービス提供と賃貸管理会社における業務効率化のためのソリューションの提供を行ってまいりました。さらに、オーナー向けのIoTソリューションの開発を行ってまいりましたが、2018年1月に「Apartment kit for Owner」のアプリを提供することを決定いたしました。

 賃貸オーナーは「Apartment kit for Owner」を活用することにより、アプリ上で周辺の家賃相場、人口密度や犯罪率などの地域情報を確認して適性家賃を算出するなど、これまで賃貸経営の経験や知識がないと難しかった判断を、アプリが提供する様々なデータを活用することで簡単かつ高度に行うことが可能です。また、入居募集時の家賃設定、原状回復工事の見積もり確認や書類手続きなど、これまで管理会社と行っていた面倒なやり取りをアプリひとつで完結する事ができ、不明点はチャット形式で管理会社へ相談できます。アプリの活用により入居募集をスムーズに行うことで、空室期間の短縮を行い、オーナーや管理会社は賃貸管理業務の効率化を図ります。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0467350_03.png

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0467350_04.pdf