新型USB データ通信端末「+F FS040U」の販売開始

 

 富士ソフト株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役 社長執行役員:坂下 智保)は、新しいUSB データ通信端末「+F FS040U(プラスエフ エフエスゼロヨンゼロユー)」を2018 年1 月9 日(火)に販売開始いたします。

 近年、テレワークや在宅勤務など働き方の多様化に伴い、時間や場所にとらわれず利用できるモバイル通信端末への需要が増えています。モバイル通信端末の活用方法は、外出先でのPC 利用に限らず、様々な機器と組合せてIoT/M2M 機器として利用する事例も顕著に増加しており、今後も幅広い用途・分野での活用が予想されています。

 当社のUSB データ通信端末は累計30 万台以上ご利用いただいており、この度、現行機である「+F FS020U」の機能をさらに向上させたUSB ドングルタイプの「+F FS040U」の提供を開始いたします。

 現行機はNTTdocomo の周波数のみの対応となっておりましたが、「+F FS040U」はマルチキャリア対応となり、NTTdocomo/KDDI(au)/Softbank の周波数を広くサポートします。接続方式は、従来の専用ドライバ・専用ツールによるセキュアな接続モードに加え、より接続が簡単な、WEB ブラウザでの設定やAPN の自動設定機能を搭載した簡単接続モードがあり、SIM カードの挿入だけで利用できます。セキュアな接続での利用が必要な場合や簡単接続で利用する場合など、用途に応じた接続モードを選択できます。

 「+F FS040U」は今後、モバイルデバイスの直接遠隔管理を可能とするクラウドサービス「+F MDM」も対応予定です。

【製品概要】

 ・名称:「+F FS040U(プラスエフ エフエスゼロヨンゼロユー)」

 ・URL: https://www.fsi.co.jp/mobile/plusF/products/FS040U.html

 ・販売開始日:2018 年1 月9 日(火)

 ・販売価格:オープン価格

 ・主な特長:

  ・マルチキャリア対応

   NTT docomo/KDDI(au)/Softbank のLTE(4G)周波数をサポート

   NTT docomo/Softbank の3G 周波数をサポート

  ・2 つの柔軟な接続方式

   簡単接続:APN 自動設定機能を搭載しており、SIM カードを挿入するだけで利用可能

    各種設定はWEB ブラウザで行い、専用ドライバのインストールは不要

   セキュア接続:専用ドライバ・ツールで設定した情報はパソコンに記憶するため、FS040U の紛失時でも安心

    AT コマンドによる柔軟な制御によりIoT/M2M 機器化が可能

 *製品画像は添付の関連資料を参照

 *以下は添付リリースを参照

 ※記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。

以上

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

製品画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0467280_01.png

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0467280_02.pdf