AIアシスタント機能を搭載した個人向けデスクトップパソコン「ESPRIMO FHシリーズ」2機種を新発売

暮らしを便利にサポートするAIアシスタント「ふくまろ」を搭載

 

 富士通グループは、個人向けパソコン「FMVシリーズ」の新製品として、デスクトップパソコン「ESPRIMO(エスプリモ) FHシリーズ」2機種を2018年1月18日より発売します。本製品は、声やチャットによるパソコン内のコンテンツ再生や、家電製品操作など、パソコンを通じて毎日の暮らしを便利にサポートする「ふくまろ」を搭載しています。

 また、カスタムメイドモデル4シリーズ4機種についても、富士通ショッピングサイト「WEB MART」にて12月26日より順次販売開始します。

■主な製品の特長

 1.大画面27型液晶と高音質スピーカー搭載のプレミアムパソコン「ESPRIMO FH90/B3」と、デザインの美しさにこだわった「ESPRIMO FH52/B3」

  「ESPRIMO FH90/B3」は、左右約7mmの狭額縁で高輝度・広視野角の27型大画面液晶を搭載し、パイオニア株式会社と共同開発の高音質ハイレゾ対応2.1chスピーカーに10Wサブウーファーと大型4W+4Wスピーカーを配置したエンターテインメント性を極めたデスクトップパソコンです。デザイン面では、スピーカー周囲のゴールドリングや、快適な入力操作とデザイン性を両立させた「プリズムクリアキー」のキーボードを採用、スタイリッシュなデザインのマウスに一新するなどプレミアム感を追求しました。また、テレビ視聴アプリ「DigitalTVbox(デジタルテレビボックス)」は、テレビ番組ごとの視聴状況をポイントで表示し、人気の番組がひと目でわかる新機能を追加しました。

  「ESPRIMO FH52/B3」は、4辺狭額縁の23.8型大画面液晶でありながら省スペース設計で、入力の快適さを向上させた「プリズムクリアキー」を採用したコンパクトなキーボードの採用や、スタイリッシュなマウスなど使いやすさを重視しながらもデザイン性を追求したデスクトップパソコンです。2機種ともに最新OS「Windows 10 Fall Creators Update」を搭載し、基本性能も強化しています。

 ※製品画像は添付の関連資料を参照

 2.暮らしを便利にサポートする「ふくまろ」の主な機能

  「ふくまろ」は、暮らしと笑顔をアシストする新しい家族をコンセプトに、富士通クライアントコンピューティング株式会社独自の音声解析技術によって、音声会話やチャットでの会話に対応するAIアシスタントです。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 ※以下は添付リリースを参照

■商標について

 記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

 その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。

以上

 

≪本件に関するお問い合わせ≫

 購入相談窓口

 電話:0120-959-242(通話料無料)

 受付時間:9時〜19時

 ≪パソコン乗り換えご相談窓口≫

  電話:0120-959-222(通話料無料)

  受付時間:9時〜17時

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

製品画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0467252_01.png

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0467252_02.png

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0467252_03.pdf