NXPとBaidu、Apolloオープン自動運転プラットフォームで提携

 

 ・NXP、業界をリードするBaiduのApolloオープン自動運転プラットフォームに参加

 ・NXP、ミリ波レーダー、V2X、セキュリティ、スマート・コネクティビティを提供へ

 ・プラットフォーム・パートナーは低消費電力、高性能、機能安全対応のNXP BlueBox開発プラットフォームを活用

 世界最大の自動車半導体サプライヤであるNXP Semiconductorsと、中国の大手検索エンジン・プロバイダであるBaidu, Inc.(バイドゥ)は、自動運転での協力を発表しました。合意条件に基づきNXPはBaiduのオープン自動運転プラットフォームであるApolloに参加するとともに、ミリ波レーダー、V2X、セキュリティ、スマート・コネクティビティ、車内ユーザー・エクスペリエンス技術などの半導体製品やソリューションを提供します。

 ApolloはBaiduが2017年4月に初めて発表したオープン自動運転プラットフォームで、自動運転車のすべての主要な特長や機能をサポートする包括的かつセキュアで信頼性の高い一体型ソリューションを提供します。BaiduはApolloを自動運転業界のAndroidだとしており、よりオープンかつ強力で、プラットフォーム・パートナーの自動運転車のゼロからの開発と迅速なアセンブリ、製品研究開発の開始を可能にすると述べています。現在、Apolloには70を超えるグローバル・パートナーが参加しています。

 NXPとBaiduの協力の詳細は以下の通りです。

 ・NXPは自動運転、ミリ波レーダー、V2X、セキュリティ、スマート・コネクティビティ、車内ユーザー・エクスペリエンスのための半導体製品やソリューションを提供します。

 ・パートナー企業は、消費電力、性能、機能安全において優れたNXP BlueBox開発プラットフォームを活用できます。

 ・NXPとBaiduはディープ・ラーニング(深層学習)ネットワーク向けのセンサ・データの統合と高性能プロセッサに関して協力します。

 ・Baiduの車内音声会話システムであるApollo向けDuerOSは、開発期間短縮と性能向上を実現するNXPのインフォテインメント・ソリューションを統合します。

 NXPの上級副社長 兼 オートモーティブ部門のゼネラル・マネージャーであるKurt Sieversは「中国の自動車産業は驚異的な速さで進化を続けています」と述べ、さらに「NXPはApolloプラットフォームの成功のためのBaiduとの協力を誇りに思います。私たちはNXPとBaiduが自動車の新たな技術革命に計り知れない相乗効果をもたらすと信じています」と語りました。

 Baiduのインテリジェント・ドライブ・グループ担当ゼネラル・マネージャーのLi Zhenyu氏は「NXPとの協力はBaiduの自動運転/コネクテッド・カー技術アプリケーションの実現に向けた重要な一歩となります」と述べ、さらに「NXPのApolloプラットフォームへの参加により、私たちのインテリジェントな自動運転車エコシステムにさらに拍車がかかり、中国と世界のインテリジェント自動車産業に大きな恩恵を与えます」と語りました。

■NXP Semiconductorsについて

 NXP Semiconductorsは、よりスマートな世界を実現するセキュア・コネクションとセキュア・インフラを可能にし、人々の生活をより便利に、より良く、より安全にするソリューションを推進しています。組み込みアプリケーション向けのセキュアなコネクティビティ・ソリューションで世界をリードするNXPは、セキュアなコネクテッド・ビークル、エンド・ツー・エンドのセキュリティ/プライバシー、スマートなコネクテッド・ソリューションの市場における技術革新をけん引しています。60年以上にわたって蓄積した経験と技術を活かし、NXPでは世界33か国強で3万1,000名の従業員が活動しています。2016年の売上高は95億米ドルでした。詳細はWebサイトhttp://www.nxp.com/jp/ (日本語)をご覧ください。

 NXPジャパンはNXP Semiconductorsが開発および製造する車載、認証、インフラ/産業機器、コンシューマ向けのハイパフォーマンス・ミックスドシグナル製品やプロセッシング・ソリューション、高出力RF製品などを日本市場に提供しています。本社は東京都渋谷区で、大阪および名古屋に営業所があります。

 NXP、NXPロゴはNXP B.Vの商標です。他の製品名、サービス名は、それぞれの所有者の商標です。All rights reserved. (C) 2017 NXP B.V.