アシスト、全社的な情報活用を支援するBIプラットフォーム

「WebFOCUS」の新バージョン8.2を提供開始

〜ポータル機能含む大幅な機能拡張により、あらゆる人のデータドリブンな意思決定を推進〜

 

 株式会社アシスト(本社:東京都千代田区、URL:https://www.ashisuto.co.jp/、以下、アシスト)は、日本国内で総販売代理店を務めるBIプラットフォーム「WebFOCUS」(開発元:米Information Builders,Inc.)の新バージョン8.2を本日より提供開始します。新バージョンでは、「コラボレーション」、「ビジュアライゼーション」、「オートメーション」という3つのキーワードで全社BIプラットフォームであるWebFOCUSの機能を大幅に拡張しています。

 WebFOCUSは製品のリリース以来、「オペレーショナルBI」(※)というコンセプトのもと「だれでも、いつでも、どこでも情報が活用できるBIプラットフォームの提供」を目指して時代とともに進化を続けており、国内1,250社以上(2017年12月現在)、海外を含めると1万社以上の企業に採用されています。

 ※「オペレーショナルBI」はアシストの登録商標です。

 今回提供を開始する新バージョン8.2では、ポータル機能が大幅に強化され、ユーザーが得た知見や洞察をWebFOCUSのポータル上で素早く共有することで、あらゆる人のデータドリブンかつ迅速な意思決定を支援可能となりました。

 バージョン8.2の主な強化ポイントは以下の通りです。

(1)コラボレーション

○情報の共有、情報に基づいた活発なコミュニケーションを支援

 ・ユーザー間でページやコメントの共有が可能になり、ユーザー間のやり取りをWebFOCUS上で実現(図1)

 ・「データで確認しよう」という、気づきを与えることでユーザーのBI利用を促進

 ・ポータル上での情報共有によりBI利用の敷居が下がり、ユーザー層の拡大を推進

 ・ドラッグ&ドロップで自分好みのダッシュボードを簡単に作成可能なため、ポータルの利用意欲を促進

 *図1は添付の関連資料を参照

(2)ビジュアライゼーション

○データの視覚化によりユーザーの意思決定を支援

 ・ユーザーフレンドリーなインターフェースによりユーザー自身でデータを視覚化

 ・データの絞り込みや除外、関連付けにより見たい情報を素早くクローズアップ(図2)

 ・手持ちデータをアップロードし分析データとして活用することで、BI利用を促進

 ・地図情報と連携したマップアプリケーションやチャートエクステンションが追加され、表現力が大幅に強化

 *図2は添付の関連資料を参照

(3)オートメーション

○メタデータの整備、ユーザーへのデータの提供を支援

 ・メタデータのデータ属性や階層構造が自動で定義され、業務に沿ったメタデータを容易に提供

 ・メタデータやアップロードデータからデータを情報に変えるサンプルコンテンツを自動生成(図3)

 ・メタデータに対するセキュリティ設定により、ガバナンスを効かせた最適な権限委譲を実現

 *図3は添付の関連資料を参照

 今回のバージョンアップにより、最適化された情報をユーザーに提供するための導線を自由にデザインできるようになりました。これまで以上にユーザーが参加しやすいBIプラットフォームとして、顧客への提案を進めていきます。

■WebFOCUSについて

 WebFOCUSは、汎用性、柔軟性、拡張性といった特性を活かし、全社的な情報活用の最適化と定着を支えるBIプラットフォームです。社内の経営層やアナリスト、現場の業務担当者のみならず、社外の顧客やパートナーまで、あらゆるユーザーによる情報活用を実現します。

 ※記載されている会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

図1

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0467134_01.JPG

図2

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0467134_02.JPG

図3

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0467134_03.JPG