Dell EMC、ストレージとデータ管理の増加に悩む中堅企業のビジネスを本格支援するパッケージソリューションを発表

事業形態および事業規模に応じたストレージ容量に沿ったソリューションを提供開始

 

 2017年 12月 25日、東京発、

 デル株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:平手智行、以下デル、URL: http://www.dell.co.jp/ )と、EMCジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大塚 俊彦、以下EMCジャパン、URL: http://japan.emc.com/ )は、ひとり情シスの問題を抱える中堅企業(従業員100名以上1,000名未満)むけに、「Dell EMC PowerEdge(パワーエッジ)」サーバと「Dell EMC IsilonSD Edge(アイシロンエスディ エッジ)」をパッケージ化したソリューションを提供することを発表しました。パッケージ化することで企業に最適なソリューションを最適な構成で迅速に導入し、複雑化するストレージとデータ管理の課題を解消することが可能になります。「Dell EMC Isilon」を中心としたデータ管理ソリューションは、今年に入り、中堅企業で多くの導入実績があり、さらにパートナーとともに本格的に中堅企業に提案できる体制が整ったことを受けて今回の発表に至りました。

 デルの独自調査によると、国内の75%の中堅企業において、管理対象データが増加しています。一方、約30%の企業が「ひとり情シス」の体制による運用を強いられており、データ増加に伴う管理の複雑化やデータの処理速度低下が懸念されています。また、データ容量増加に伴うストレージ増設をすでに実施済みの企業はわずか28%で、データ量が増加するたびに、ストレージ(NAS)を追加し、管理データのサイロ化が進んでいる状況にあります。Dell EMCは、今回発表したソリューションにより、今後企業がストレージを拡張する際に、事業形態や事業規模により必要となるストレージ容量に応じて、低コストでかつ信頼性の高いストレージを提供することで、これらの課題を解消していきます。

■「事業形態や事業規模により必要となるストレージ容量に応じたソリューションの提供」

 Dell EMCは、業界特性として、特にデータ量の増加が著しいメディア、建設・建設コンサル、証券・金融などの業界の中堅企業層に対して、パートナーとともに大容量データの管理に最適な「Isilon」の多くの販売実績を作り、本格的に提案できる体制を整えました。今回、「Isilon」ストレージの優れたデータ管理機能を容易かつコスト効率の良い方法で導入可能なソフトウェア版Isilonの「IsilonSD Edge」と「PowerEdge」サーバをパッケージ化したソリューションを展開します。これにより、データ管理の自動化・シンプル化が実現し、先進的なIT基盤をスモールスタートで導入することが可能になります。

 ※以下は添付リリースを参照

 (C)Copyright 2017 Dell Inc.、その関連会社。All Rights Reserved.

 Dell,EMC,及び Dell,EMC が提供する製品及びサービスにかかる商標は、米国 Dell Inc.又はその関連会社の商標又は登録商標です。その他の製品の登録商標および商標は、それぞれの会社に帰属します。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0467133_01.pdf