サンスターと富士通、IoTスマートハブラシと歯科医院向けクラウドサービスを連携させた

先進予防歯科サービスを販売開始

積極的な予防歯科から始まる健康寿命の延伸を目指して

 

 サンスターグループ オーラルケアカンパニー(以下 サンスター)と富士通株式会社(以下 富士通)は、IoTスマートハブラシ「G・U・M PLAY(ガム・プレイ)」と、富士通の歯科医院向けクラウドサービスを連携させた先進予防歯科サービスを、2017年12月25日より販売、2018年1月31日より提供を開始いたします。

 生涯にわたり口腔の健康を維持するためには、歯科医師による定期的なプロフェッショナルケアと、毎日のホームケアによる予防歯科行動が非常に大切です。両社が提供する新サービスは、富士通が提供する歯科医院向けクラウドサービスに集約された歯科医院での患者の口腔情報(注1)と、サンスターが提供しているIoTスマートハブラシG・U・M PLAYに蓄積されたホームケアの基本である毎日の歯みがき情報(注2)を連動させる先進予防歯科サービスです。これにより、歯科医師や歯科衛生士は、来院時の患者の口腔状態に加え、自宅での日々の歯みがき状況もデータとして確認したうえで、よりパーソナライズされた歯科指導が可能になり、患者の積極的な予防歯科行動を促進できます。

 また、今回の新サービスの提供に合わせ、G・U・M PLAYに新たなアプリを追加します。患者は歯科医院で指導を受けた、みがき方の癖やみがき残しの状態に合わせた最適な歯みがきの手順や時間配分を設定することができます。スマートフォンの画面に示される個人個人にあったみがき方の指示に従い歯をみがき、日々の歯みがき状況を確認することで、より良いホームケアを継続的に行うことができます。このような特長を生かし、両社は2020年までに予防型歯科医院(注3)を中心に約500の歯科医院への新サービス導入を目指します。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 サンスターは引き続き、積極的な予防歯科の重要性を広く啓発し、オーラルケアから始まる健康づくりによる健康寿命の延伸への貢献を目指し、新たな製品・サービスとソリューションを提供してまいります。

 富士通は、今後も歯科医院と患者の双方が口腔情報を共有する仕組みの提供を通じて口腔内の健康維持を支援していくとともに、予防型歯科医院と一体となって、新たな製品・サービスの開発に取り組んでまいります。

 ※以下は添付リリースを参照

以上

 

◆本件に関するお問い合わせ

 【G・U・M PLAYについてのお問い合わせ】

 サンスター通信販売にてご購入の場合

 サンスター通信販売お客様センター

 電話 0120-565-006

 受付時間:9時〜16時(土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く)

 上記以外でご購入の場合

 サンスターお客様相談室

 電話 0120-008241

 受付時間:9時30分〜17時(土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く)

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0467111_01.JPG

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0467111_02.pdf