IoT/組み込み機器向けマルウェア対策の自社開発ソフト「WhiteSec」を販売開始

〜実績を積んだセキュアOS 技術により、サイバー攻撃からIoT/組み込み機器を保護〜

 

 株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:林恒雄)は、IoT/組み込み機器のデバイスメーカー向けにマルウェア対策ソフトウェア「WhiteSec(ホワイトセック)」を2017 年12 月25 日に販売開始します。

 「WhiteSec」は、マルウェアの実行を抑止するホワイトリスト実行制御機能や、USB メモリなど外部媒体からのマルウェア侵入を防ぐデバイス制御機能、デバイス上の脆弱性からマルウェア感染を防ぐメモリ保護機能など、IoT/組み込み機器に最適化した高度なセキュリティ機能により、サイバー攻撃からデバイスを保護します。

 同製品のホワイトリスト実行制御機能は、許可されていないプログラムの実行をブロックするため、デバイスに未知のマルウェアが侵入した場合でもマルウェアの活動を抑止できます。また、頻繁に更新が必要なウイルス定義ファイルが不要なため、閉域網で運用されている組み込み機器のマルウェア対策としても有効です。

 「WhiteSec」の主要な機能は、当社開発の「FUJITSU Security Solution SHieldWARE(以下、SHieldWARE)」のサーバを要塞化するセキュアOS 技術を、IoT/組み込み機器向けに応用したものです。「SHieldWARE」は、金融機関などミッションクリティカルな基幹システムへの導入実績が多数あり、販売開始から13 年にわたり機能強化を重ねて数多くのお客様に選ばれ続けています。

 当社は、今回販売するWindows 版「WhiteSec」に加え、2018 年4 月にLinux 版の提供も予定しており、今後拡大が予測されるIoT 機器や組み込み機器をサイバー攻撃から守り、安心安全な社会の実現に貢献してまいります。

【背景】

 あらゆるモノがインターネットにつながるIoT は、今後幅広い分野への活用が期待され、さらなる進展が予測されています。一方、IoT が社会に広く普及することで、IoT デバイスを踏み台にした大規模なサイバー攻撃の発生や、IoT デバイスの悪用による人や環境への物理的な損害など、セキュリティリスクは高まっています。

 また、近年国内や海外において、閉域網で運用されている小売店のPOS システムや工場の制御系システムを狙ったマルウェア感染が発生し、顧客のクレジットカード情報の漏えいや工場の操業停止など深刻な被害が報告され、組み込み機器をターゲットにしたサイバー攻撃の増加も懸念されています。

 IoT 機器や組み込み機器は、運用形態やデバイスの特性上セキュリティパッチをすぐに適用できないケースが多く、脆弱性が放置されやすいといった問題が指摘されており、対策が急がれています。

 当社は、急務となっているIoT/組み込み機器のマルウェア対策のために、2004 年の提供開始から機能強化を重ね実績を積んできたサーバ向けOS セキュリティ強化ツール「SHieldWARE」のセキュアOS 技術を応用し、「WhiteSec」を新たに開発しました。

 ※以下は添付リリースを参照

【商標について】

 記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

以上

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0467091_01.pdf