ソフトバンクと外務省、

海外での大規模緊急事態発生時に緊急安全情報を配信

 

 ソフトバンク株式会社は、外務省との協力により、海外で大規模な災害や同時多発テロなどの大規模緊急事態が発生した際に、外務省が発出する緊急安全情報を、“ソフトバンク”と“ワイモバイル”の携帯電話(※1)を該当国で利用中のお客さまを対象に、2017年12月21日より、SMS(ショート・メッセージング・サービス)で無料にて配信します(※2)。

 緊急安全情報のSMS配信は、外務省とソフトバンク株式会社が共同で行う取り組みです。海外渡航者の安全対策の強化を促進している外務省と、お客さまが海外でも安心して過ごせるサービスを実現したいソフトバンク株式会社の思いが一致し、外務省の緊急安全情報をSMSで配信することとなりました。

 今後は、海外で多くの邦人に影響が及ぶ恐れのある大規模な緊急事態が発生した際に、外務省が発出する緊急安全情報をソフトバンク株式会社からもSMSで配信することになりますので、お客さまはより安心して海外で過ごすことができます。なお、緊急安全情報の受信にあたり、登録は不要です。

[注]

 ※1 “ワイモバイル”の一部機種を除きます。

 ※2 電源を入れていない場合や機内モードでご利用の場合、電波状態が悪い場合など、条件によっては受信できないことがあります。また、お客さまによってメッセージが届くまでに時間差が発生する場合があります。

 ・SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。

 ・その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。