アグレックス、Veeva Japanとコンテンツパートナー契約を締結し、

「Veeva CRM MyInsights」の構築サービスを提供開始

〜有効性の高い分析・可視化により、製薬企業に意思決定のためのインサイトを提供〜

 

 TISインテックグループの株式会社アグレックス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:八尾政範、以下:アグレックス)は、Veeva Japan株式会社(日本法人本社:東京都渋谷区、日本法人代表取締役:岡村 崇、以下、Veeva)とパートナー契約を締結し、Veevaコンテンツパートナーとして、『Veeva CRM MyInsights(以下、MyInsights)』で可視化するデータの検討〜構築までを支援するサービスの提供を開始することを発表します。

■「MyInsights」について

 ライフサイエンス企業向けクラウドベース・ソフトウェアのリーディングカンパニーである Veevaが提供する「MyInsights」は、MR(※1)やMSL(※2)向けのデータ ビジュアライゼーションツールです。

 『Veeva CRM(製薬企業に特化したクラウドベースの顧客管理システム)』に蓄積されたデータから、プランニングや意思決定のためのインサイトを即座に得ることが可能です。また、オフラインでも使用できるため、病院などネットワークが整備されていない環境下でも、アクションに素早く繋がる知見を入手できます。

■アグレックスの「MyInsights」構築サービスについて

 アグレックスは、これまで製薬業のお客様のビジネスを、システム開発と運用の両面で支援してきました。この度、Veeva コンテンツパートナーとなり、「MyInsights」で可視化するデータの検討〜構築までを支援するサービスの提供を開始します。

 製薬業のナレッジ・ノウハウを有するアグレックスが「MyInsights」の構築を支援することにより、MRやMSLの活動実績、実消化(※3)データ等、『Veeva CRM』内のデータの分析ニーズを実現します。

■背景

 医療提供体制の変革、医師の置かれている環境の変化、グローバル化、新たなテクノロジーの出現など、製薬企業を取り囲む環境が大きく変化しています。特に医師に対するエンゲージメントプロセスが進化した事で、より深く素早い洞察力が製薬企業の現場担当者に求められています。しかし、これまで製薬企業が保有する各種データは複数のツールを通じてアクセスする必要があり、そのとりまとめには煩雑な作業が必要でした。そこで、『Veeva CRM』の情報を直接参照し、すぐに業務に活かすことのできる「MyInsights」が誕生しました。

 ※1 MR(Medical Representative):医薬情報担当者。薬についての知識や情報を医師や薬剤師に提供する製薬企業の営業担当者。

 ※2 MSL(Medical Science Liaison):KOL(キーオピニオンリーダー)に対して、医学・科学的なエビデンスや高度な専門知識をもとに、医薬品の情報提供を支援する職種。

 ※3 実消化:製薬企業における卸経由の製品販売実績。

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0466813_01.pdf