子会社の合併および存続会社の商号変更に関するお知らせ

 

 当社は、2017年12月20日開催の取締役会において、2018年2月1日を合併期日として、連結子会社であるスリープロウィズテック株式会社(以下、「スリープロウィズテック」)、ヒューマンウェア株式会社(以下、「ヒューマンウェア」)の合併について、下記のとおり決議致しましたので、お知らせ致します。

 なお、本合併は当社の100%子会社同士の合併であるため、開示事項・内容を一部省略しております。

     記

1.合併の目的

 当社は、ITを中心とした導入・設置・交換・保守支援、コンタクトセンター運用及びスタッフ支援、営業代行・販売支援、システム・エンジニアリング開発受託・技術者派遣事業で構成されるIT関連のBPO事業を軸とした4つのサービスを展開しております。

 また、連結子会社の株式会社アセットデザインにおいては、主に首都圏を中心にオフィスビルを様々なビジネススタイルにマッチする仕様に付加価値を高めた上で、スモールビジネスを行う事業者にレンタルするコワーキングスペース事業を行っております。

 BPO事業の柱の1つであるシステム・エンジニアリング開発受託・技術者派遣事業は子会社スリープロウィズテック株式会社、2016年8月に子会社化したヒューマンウェア株式会社および2017年10月に子会社化したオー・エイ・エス株式会社の3社で展開しております。

 今回の合併はヒューマンウェアの子会社化から約1年が経過し、グループ内での融合も進んできたことから、営業・採用活動の一体化や経営資源を集約化することで、より一層の収益性を高めることを目的としております。

 (注):BPO(Business Process Outsourcing)とは、ビジネス・プロセス・アウトソーシングの略称であり、顧客企業の業務処理(ビジネスプロセス)の一部を専門業者に外部委託することです。専門業者が業務プロセスを分析、企画することで顧客企業にとって業務プロセスの最適化、運用コストの変動費化等のメリットがあります。

2.合併の要旨

(1)合併スケジュール

 2017年12月20日:スリープロウィズテック、ヒューマンウェア合併契約締結

 2018年1月30日:スリープロウィズテック、ヒューマンウェア株主総会承認

 2018年2月1日:本合併の効力発生

(2)合併の方式

 スリープロウィズテックを存続会社とする吸収合併方式で、ヒューマンウェアは解散致します。

 *なお、2018年2月1日付けで存続会社スリープロウィズテックの商号をヒューマンウェアに変更致します。

(3)合併に係る割当ての内容

 合併当事会社は、いずれも当社の100%子会社であるため、本合併による新株式の発行、資本金の増加及び合併交付金の支払いはありません。

(4)消滅会社の新株予約権及び新株予約権付社債に関する取扱い

 該当事項はありません。

 ※以下は添付リリースを参照

以上

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0466770_01.pdf