赤坂エリアでの5G実証実験について

 

 ソフトバンク株式会社は、第5世代移動通信システム(以下「5G」)向け候補周波数帯の一つである4.5GHz帯の実験試験局免許を本日取得しました。華為技術日本株式会社(ファーウェイ・ジャパン)と協力し、赤坂エリア(東京都港区)において、5Gの実証実験を実施します。

 本実証実験では、5Gで使用予定の新たな無線インターフェースを採用し、5Gの目標である超高速ブロードバンド通信などの実現に向けて、コアネットワークを含む通信ネットワークの動作検証などを実施する予定です。

 ソフトバンクはこれまでに、東京臨海副都心(台場地区)において5Gのフィールド実証実験を実施してきました。今回は人口が密集し、これまでより多くのトラフィックが発生する都心部で実証実験を行うことにより、実際の使用環境により近い状況で5Gの性能を検証します。

 ソフトバンクは、2016年9月より5Gの有力な要素技術の一つである「Massive MIMO」の商用サービスを世界で初めて提供するなど、5Gの導入に向けてさまざまな最新技術をいち早くお客さまに提供しています。商用サービスで得られた知見の活用や、これら実証実験を通じたノウハウを蓄積し、5Gネットワーク展開時には、実際の商用環境下においても安定したサービスの実現を目指します。

■5G実証実験の概要

 ※添付の関連資料を参照

 ・SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。

 ・その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

5G実証実験の概要

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0466741_01.JPG