amsとOdithc、産業用および民生用の超音波フローメータのターンキーソリューション供給で合意

水、気体、および熱計測むけに、完全に検証されたソリューションにより開発期間の短縮が可能に

 

 ams(日本法人:amsジャパン株式会社、東京都港区、カントリーマネージャー 岩本桂一)は本日、高精度なフロー測定を得意とする中国の設計企業Shenzhen Odithc Electronics(以下、Odithc)との提携により開発された、産業用および民生用の超音波フローメータ向けターンキーソリューションの販売を発表しました。

 産業用および民生用の超音波フローメータソリューションは、amsの最新の超音波−フローコンバータ(UFC)製品「TDC-GP30YA」と、Odithcが開発した特許取得テクノロジをベースにしています。両社が目指すのは、シンプルで使いやすく、高性能かつ開発期間の短縮を実現する、完全なシステムソリューションをフローメータメーカーに提供することです。

 TDC-GP30YAは、amsのスペシャリティーセンサ事業ラインが20年以上かけて開発した、時間−デジタルコンバータ(TDC)技術をベースにしています。amsのTDCユニットは、最大11psまでの高解像度を実現し、さらに低消費電力の32ビットマイクロプロセッサおよびタスクシーケンサが含まれており、すべての内部機能ブロックをコントロールします。本デバイスは、サンプリングレート2Hz時でわずか4μAしか消費しません。

 Odithcのチームには、ハードウェア、ソフトウェアおよびシステム設計の豊富な経験があり、10年以上にわたって超音波フロー測定技術に特化してきました。Odithcは、そのインテリジェント照合アルゴリズムを使って、機械や音響、フロー分布、フローメータ電子部品特性などのばらつきを補償し、コンパクトながら完全で、コスト最適化された高性能な超音波フロー測定システムの実装をすすめてきました。

 ams、グレーターチャイナ担当バイスプレジデント、ジョー・チェンは次のようにコメントしています。「このターンキーソリューションでOdithcと提携できることをたいへん喜んでいます。これによって、中国市場に大きく貢献できるでしょう。Odithcの設計および技術サポートは、中国国内の顧客が熱や水、気体のフローを測定をするためにamsの最新の超音波フローメータ技術を使えるようにし、より速い市場投入を実現します」

 Odithc、CTO、オリバー・ヤン氏は次のようにコメントしています。「amsの超音波−フローコンバータをベースにしたターンキーソリューションを提供できることをとてもうれしく思います。amsのコンバータは、マーケットリーダーとしてエネルギー消費や正確かつ安定した測定で優れたパフォーマンスをしています。このターンキーソリューションを強くお勧めするのは、他の市販ソリューションよりも優れていて、この業界の発展をさらに進めるものだからです」

 ターンキーソリューションを共同開発する合意の一部として、amsとOdithcは深センの宝安区に共有する、中国国内の関連基準に準拠した研究所で新しい超音波フローメータ設計の試験を行いました。今後3か月間にはドイツでの試験も行う予定です。Odithcは、本ターンキーソリューションの販売および完全な技術サポートを2018年度第2四半期に開始することを計画しています。

■amsについて

 amsは先進的なセンサソリューションの設計と製造におけるグローバルリーダーです。当社のミッションは、人とテクノロジーの間にシームレスなインターフェースを提供することで、センサソリューションで世界を牽引することです。amsの高性能センサソリューションは、小型フォームファクタ、低消費電力、最高感度、そして複数センサの統合を必要とするアプリケーションに最適です。amsは、民生、通信、産業、医療、自動車の各市場に向けて、センサソリューション、センサIC、インターフェースおよび関連ソフトウェアを提供しています。amsは、オーストリアのウンタープレムシュタッテンに本社を置き、グローバルで11,000人以上の従業員を有し、8,000のお客様を支援しています。amsは、スイス証券取引所(SIX)に上場(ティッカー・シンボル:AMS)しています。詳細については、http://www.ams.comをご覧ください。

■Shenzhen Odithc Electronicsについて

 深セン市奥迪科電子有限公司(Shenzhen Odithc Electronics Co., Ltd.)(Odithc)は、高精度フロー測定、なかでも超音波フロー測定テクノロジにフォーカスしています。Odithcが提供するサービスには、フローメータコンポーネント、全メータ回路、およびシステムソリューションが含まれています。これらは、超低消費電力、超高ダイナミックレンジ、長期安定性、超低再現性エラーといった設計要件を満たすものであり、フローシミュレーション、スプール設計、トランスデューサ分析およびマッチング、特許取得済みの温度計算、全温度範囲およびフロー範囲にわたる補償アルゴリズムの深い技術的ノウハウに基づいています。