NEC、出張・外出に関する間接工数および経費の削減に向けて米Concur社のクラウドサービスを導入

〜導入実績を活かし、出張・外出に関する一連の業務を受託するBPOサービスを提供〜

 

 NECは、全社で取り組む業務改革推進プロジェクトの一環として、米Concur Technologies社(以下 Concur社)の出張・経費精算管理クラウドサービスを本年12月中旬に導入しました。

 本サービスは、出張・外出の申請や精算などの業務を効率化するための機能、経費の見える化・分析機能、リスク管理機能などを有しており、NECは本サービスの導入や業務プロセスの見直しにより、従業員の出張・外出に関する間接工数の40%削減およびチケット代やホテル代などの経費削減を見込んでいます。

 また、今回の導入実績を活かし、NECマネジメントパートナーにおいて出張・外出に関する一連の業務を企業・団体からワンストップで受託する「経費マネジメントBPO(Business Process Outsourcing)サービス」を提供します。

 NECは社会ソリューション事業に注力しており、今後もNECグループの業務改革を推進すると共に、企業・団体の業務効率化や費用削減などに貢献する各種ソリューション、サービスの提供に取り組んでいきます。

■背景

 NECはグループ経営基盤を強化するため、シェアードサービス会社であるNECマネジメントパートナーを中核に業務改革推進プロジェクトを推進しており、スタッフ業務効率化や経費・IT費用効率化に取り組んでいます。また、NECマネジメントパートナーは、業務改革の実践を通じて得たノウハウや業務への先進ICTの適用実績を基に、企業・団体へのBPOサービスの提供を強化しています。

■NECグループへの出張・経費精算管理クラウドサービスの導入

 NECグループにおける出張・経費プロセスを改革するため、グローバルで多数の導入実績を有するConcur社の出張・経費精算管理クラウドサービスを本年12月中旬にNECおよびNECマネジメントパートナーに導入し、今後グループ各社に順次展開します。

 NECグループでは年間約100万件の出張・外出を行っており、その申請や精算手続きなどに多くの工数を要しています。本サービスの導入により、従業員の出張・外出に関する間接工数の40%削減を見込んでいます。

 <本クラウドサービスの主な特長>

 ・出張者自身による会社規程に準じた最適な航空券やホテルなどの予約・申請が可能。

 ・外出先など場所を問わずモバイル端末から出張・交通費の登録・申請・承認が可能。

 ・交通系ICカードから利用情報を自動的に取り込むことで、交通費の精算処理の迅速化や誤入力防止を実現。

 ・カメラで撮影した領収証画像による精算処理にも対応。

 ・出張者の所在地を地図上で把握し、不測の事態発生時には特定地域にいる出張者に対して安否確認の一斉メール配信が可能。

 ・経費の見える化により継続的な費用削減の取り組みが可能。

 ※以下は添付リリースを参照

以上

 

◆本件に関するお客様からのお問い合わせ先

 NECマネジメントパートナー BPOサービス事業開発本部

 TEL:044-435-5683

 E-Mail:honbu-all@nmp-bpo.jp.nec.com

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0466695_01.pdf