ぷらっとホーム、IoTゲートウェイ「OpenBlocks(R) IoT Family」の機能を大幅に強化するファームウェア「FW3.0」を提供開始

OpenBlocks(R) IoT VX1/VX2をサポート・安心したIoTの長期運用を実現

 

 2017年12月20日、ぷらっとホーム株式会社(証券コード:東証二部6836、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木友康、以下ぷらっとホーム)は、IoTシステムの本番運用を強力に支援する「OpenBlocks(R) IoT Family」向けIoTゲートウェイファームウェア「IoT Gateway Firmware 3.0」(以下、FW3.0)を2018年2月より提供開始する事を発表致します。

 FW3.0は、安定した通信事業品質のLinuxカーネルを含み、Modbusを含む双方向シリアル通信が強化されています。また、独立したグラフィカルな管理用ユーザーインターフェース「WEB UI」と、リモート管理用ソフトウェアツールの「AirManage(TM) for IoT」で遠隔地を含むIoTシステムディプロイ後の本番運用を強力に支援する製品となっています。

 対デバイス・対クラウド接続をさらに強化し、BLE(Bluetooth Low-Energy)・EnOcean等の通信プロトコル等を含むほか、近年需要の増加しているLoRaWAN、SigfoxなどのLPWA(Low-Power Wide-Area)への対応や、車載ネットワークや建設機械・自動販売機等で幅広く使用されているCAN(Controller Area Network)にも対応しました。

 さらに、エッジコンピューティングを支援するため、双方向高速メッセージハンドリングシステムPlat’Home Data Handling Module System(PDHMS)を搭載するとともに、Dockerコンテナのサポートおよび、OpenBlocks(R) IoT上で視覚的にプログラミング可能な最新のNode-REDを標準で搭載しています。また、IoTデバイスの制御に関するプログラミングはLua言語をサポートし、従来のIoTゲートウェイでは困難であったローカル環境でのきめ細やかなデバイスコントロールが必要なIoT機器でも、IoTシステムに組み入れることが可能です。

 また、IoTシステムの本番運用開始に伴い、お客様のシステムの長期運用をサポートするため、年単位でのサブスクリプションメニューを追加しました。これによりお客様は、FW3.0搭載のOpenBlocks(R) IoTについて複数年に渡る長期のサポートが得られるとともに、IoTゲートウェイの統合遠隔管理SaaS型サービス、AirManage(TM) for IoTを標準で利用でき、また、システムの恒常的な維持のためファームウェアバージョンアップ時の通知サービスや、製品利用のサポートを長期的に受ける事ができます。

 ※以下は添付リリースを参照

 * ぷらっとホームおよびPlat'Homeの名称・ロゴは、日本国及びその他の国における、ぷらっとホーム株式会社の登録商標または商標です。

 * その他、本プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

 

◆本発表に関するお問合せ先

 ユーザー向けのお問合せ先:

 ・ぷらっとホーム株式会社 営業部

 sales@plathome.co.jp

 Tel 03-5213-4370 / Fax 03-3221-3766

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0466685_01.pdf