ソリトンシステムズ、正月にユニークな株主優待を提供

 

 株式会社ソリトンシステムズ(本社:東京都新宿区、代表:鎌田信夫、以下ソリトン)は、この度、株主の方々に普段お使いのメールアドレスとパスワードのセットがサイバー空間に漏洩しているか否かを調査するサービスを無償で提供します。

 サイバー空間にメールアドレスとパスワードのセットが漏洩していると、サイバー犯罪の被害者のみならず、加害者になってしまう恐れがあります。なぜなら、このセットがあれば、誰でもインターネット空間では「他人になりすます」ことができるからです。

 ソリトンは、本年10月5日に「漏洩アカウント被害調査」サービス(*)を発表し、国内法人や公的組織に対し、電子メールアドレスとパスワードの漏洩を丸ごと調べるサービスを開始しました。今回の優待サービスは、その実績とノウハウに基づく株主様向けのものです。

 (*)法人向けにはドメイン単位で調査依頼を受け付け、通常50万円〜460万円(消費税抜き)で実施しているサービスです。

 サイバー空間での情報漏洩リスクを調査し、多くの方々がスッキリした気分で新しい年をお迎えできることを、ソリトンは心から願っております。

■「対象となる株主様と調査依頼の申込方法等について」

1.対象となる株主様

 ソリトンの全株主(注)で、今回の調査を希望される方。

 (注)2017年12月31日現在のソリトンの株主名簿に記載または記録された、100株以上を保有する株主様を対象とします。

2.調査依頼の申込方法

 ソリトン特設の専用サイト、https://www.soliton.co.jp/hotgift/

にアクセスし、「お名前、株主名簿に記載の住所、普段使用しているメールアドレス」の記入登録で調査依頼の申込とします。

 なお、法人株主の場合は、法人名、株主名簿に記載の住所、調査を依頼されたいメールアドレスを1個指定し、ご登録していただきます。

3.サービスの申込期間と結果のご報告

 1)サービスの申込期間:2017年12月22日〜2018年1月9日まで

 2)結果のご報告:2018年1月20日頃にご指定のメールアドレス宛にソリトンの安全なファイル転送システムを使ってご報告します。

 なお、本サービスは臨時のものであり、今後も同様のサービスを無償で提供することを約束するものではありません。また、株主様から送付された各メールアドレスについて、本サービス以外に使用、利用することはありません。

【株式会社ソリトンシステムズについて】

 1979年の設立以来、ソリトンシステムズはIT・エレクトロニクス業界にあって、常に新しい技術トレンドを見据え、いくつもの「日本で初めて」を実現してきました。近年は、認証を中心としたITセキュリティ製品からサイバー対策製品まで、また、携帯電話回線やWi-Fiを利用したハイビジョン・レベルの映像伝送システムなどに取り組んでおります。国産メーカーとして、ニーズに応えたオリジナルの「もの創り」、「独創」にこだわった製品とサービスを提供しております。

 設立:1979年、売上171億円/2017年度(予想)、東証1部