フリマアプリ「メルカリ」が世界1億ダウンロードを突破

〜今後グローバル展開をさらに加速すべく、

ネイマール選手がグローバルブランドアンバサダーに就任〜

 

 株式会社メルカリは、当社が運営するフリマアプリ「メルカリ」が、2017年12月16日時点で世界累計1億ダウンロード(※1)を突破いたしましたので、お知らせいたします。

 ※1:日本・アメリカ・イギリスで提供するApp Store・Google Playのダウンロード数を合算した数値また、今後グローバル展開をさらに加速すべく、この度世界的プロサッカープレイヤーであるネイマール選手とグローバルブランドアンバサダー契約を締結いたしましたので併せてお知らせいたします。

 *グラフ資料は添付の関連資料を参照

■各国の取組み

 2013年7月に日本でリリースした「メルカリ」は、2014年5月からテレビCMを開始し、2015年2月にはダウンロード数1,000万を突破しました。その後もヤマト運輸との連携による「らくらくメルカリ便」(2016年1月)や日本郵便との連携による「ゆうゆうメルカリ便」(2017年6月)といった匿名配送サービスを提供するなど、安心・安全にご利用いただけるフリマアプリとして成長してまいりました。また、お客さまの多様なニーズに応えるべく、2017年7月にはライブ動画配信で商品の売買ができる「メルカリチャンネル」、2017年11月には不用品を即座に現金化できる”即時買取”サービス「メルカリNOW」をリリースするなどアプリ内の新機能も充実してきています。これらの取り組みの結果、現在の国内ダウンロード数は6,000万超、1日の出品数は100万品以上となり、フリマアプリ利用者中94%が利用する国内最大のフリマアプリ(※2)となっています。

 ※2:マクロミル「フリマアプリ利用状況把握調査」2017年5月15日(月)〜17日(水)

 アメリカでは2014年9月にアプリをリリースし、2016年6月に1,000万ダウンロードを突破しました。2016年7月には、招待キャンペーンを発端にダウンロード数が急増、アメリカ国内のApp Store 無料アプリダウンロードランキングで3位に入りました。2017年6月には元Facebook社VPのジョン・ラーゲリンが参画(現在はメルカリUSのCEO)し、11月にはダウンロード数も3,000万を突破するなど、ますます盛り上がりを見せています。

 また、イギリスでは2017年3月にアプリをリリースいたしましたが、サービス公開から1年未満にも関わらず、イギリス国内のGoogle Play’s Best Apps of 2017に選出され「New App With the Most Downloads」の賞を授賞するなど、早速注目を集めています。

■メルカリ代表取締役会長兼CEO 山田進太郎からのコメント

 「今回、世界累計1億ダウンロードを突破したことを大変嬉しく思います。『新たな価値を生みだす世界的なマーケットプレイスを創る』という我々のミッションに対して、ようやく第一歩が踏み出せたという気持ちです。今年、ジョン・ラーゲリンが参画し、日本だけでなくアメリカの事業自体も成長が加速しています。今後はアメリカ・イギリスでの成功を確実なものにするとともに、テクノロジーの力を駆使し、お客さまが安心・安全に利用できるだけでなく、これまで以上に先進的な、サービスの開発・提供に尽力して参ります。」

■ネイマール選手グローバルブランドアンバサダー就任について

 今回、「メルカリ」のダウンロード数が世界累計1億を突破したことを記念して、世界的プロサッカープレイヤー、ネイマール選手とグローバルブランドアンバサダー契約を締結いたしました。南米だけでなく欧州でも大陸王者になっているネイマール選手と、世界に向けて挑戦しているメルカリの思いが共通したため、今回グローバルブランドアンバサダーに就任いただくこととなりました。

【メルカリ概要】

 会社名:株式会社メルカリ

 所在地:〒106-6118 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー18F

 事業内容:スマートフォン向けフリマアプリ「メルカリ」の企画・開発・運営

 代表者名:山田進太郎

以上

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

グラフ資料

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0466648_01.JPG