システム導入のための意思決定サイト

プレスリリース

ソネット・メディア・ネットワークス、AIと人が融合したマーケティング最適化ソリューションを提供開始

2017/12/19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソネット・メディア・ネットワークス、

マーケティングハブ「VALIS−Cockpit」の提供を開始

〜AIと人が融合した、マーケティング最適化ソリューション〜

 

 ソネット・メディア・ネットワークス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:石井 隆一)は、AIと人が融合した、マーケティング最適化ソリューション「VALIS−Cockpit」(ヴァリス‐コクピット)の提供を、本日12月19日より開始いたしました。

 近年のデジタルマーケティングは、自社データと外部データの連携など複合化が進み、膨大なデータ量による分析、データ処理が課題となっているほか、一連のサイクル(データ取得、可視化・分析、設計、実行・検証)における一元化、高速化、自動化が求められています。

 「VALIS−Cockpit」は、自社開発した人工知能「VALIS−Engine」(*1)を搭載し、マーケティングの一元化・自動化を実現したマーケティングハブです。膨大なユーザーデータからユーザーインサイトを発見し、ターゲットの特定とコミュニケーションメッセージの最適化を行い、当社DSP「Logicad」と連携することによってマーケティングROIの最適化を最大化します。

□「VALIS−Cockpit」主な機能

1.スコア分析

 登録したユーザーの条件(商品購入など)を「VALIS−Engine」が分析し、スコア順にどのくらいのユーザーボリュームがあるかを可視化します。さらに、性別・年代のユーザーがどのぐらいのシェアを占めているかを表示できます。

 ・グラフ資料は添付の関連資料「グラフ資料1」を参照

2.カスタマージャーニーグラフ

 スコア分析などで条件に合致するユーザーが過去どのような情報を探していたかを可視化します。時系列またはユーザー単位での可視化が可能なため、ユーザーの特徴的な行動をもとに、コミュニケーションタイミングの最適化やマーケティングシナリオ作成の材料を導き出します。

 ・グラフ資料は添付の関連資料「グラフ資料2」を参照

 ・以下は添付リリースを参照

 ※記載されている会社名および商品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

グラフ資料1

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0466567_01.JPG

グラフ資料2

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0466567_02.JPG

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0466567_03.pdf

おすすめの記事

    関連プレスリリース

      注目コンテンツ