〜理事会は都合のよい時間にWebで参加!

マンション管理業界初 Web上での理事会開催システム〜

「Web理事会サービス」提供開始のお知らせ

 

 大和ハウスグループの大和ライフネクスト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:石崎順子)は、パソコン・スマートフォン・タブレット等を利用したWeb上での理事会開催・質疑応答・決議を可能としたシステム「Web理事会サービス」(※1)(以下、「本システム」)を開発しました。

 ※1.当社が提供するマンションご入居者専用Webサイト「住まいサポートネット」の導入が必要。新築マンションへの導入時期

は未定。

 これまでの分譲マンションの管理組合における理事会は、理事が集会室等で定期的な会議を開催し議案審議する手法が一般的でした。

【従来の理事会における課題】

 *参考資料は添付の関連資料「参考資料1」を参照

 当社は、これらの課題を解決すべく、従来の常識を覆す手法として本システムを開発しました。

 本システムでは、理事会の代表者である理事長が議案内容の確認、開催承認をWeb上で行うことができ、開催承認後、各理事に開催通知が送信されます。各理事は開催期間(※2)の都合のよい時間にスマートフォンなどからWeb上で理事会に参加。システムにアップされた会議資料の確認、電子掲示板での質疑応答ならびに各議案への賛成・反対・保留の意思表示ができます。採決の結果は自動集計され、質疑応答のデータとともに議事録への反映機能があるため、効率的かつスピーディーな理事会運営が可能となります。

 ※2.約1週間程度。

【理事会運営の新しいかたち 本システムの場合】

 *参考資料は添付の関連資料「参考資料2」を参照

 本システムの導入により、従来の対面式理事会参加による理事の負担軽減、災害等発生時の緊急理事会の即時開催が可能となります。また、いわゆる投資型・リゾート型マンションに見られる区分所有者の居住率の低さから生じる理事会運営の停滞解消にも効果を発揮します。あわせて、当社のマンション担当者がWeb上での理事会に参加することにより、スピーディーかつ精度の高い理事会支援業務の提供と、より効率的で生産性の高い働き方の実現を目指しています。

 当社はIT等の活用により既に発表済みの「ヒューマンシェルジュ・ダイレクト」(※3)をはじめ、マンション管理組合運営の効率化を図る機能を盛り込んだ管理仕様の開発を進めており、本システムはその中核を担うサービスとなります。今後もさらにお客さまにご満足いただけるよう新技術・新サービスの開発を進めます。

 ※3.当社、大和ハウス工業株式会社、株式会社ファミリーネット・ジャパンの3社共同開発によるインターホンを利用した無人コンシェルジュサービス。

 *ロゴは添付の関連資料を参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考資料1

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0466528_01.JPG

参考資料2

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0466528_02.JPG

ロゴ

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0466528_03.JPG