モバイルワーク向け機能を強化したドキュメントハンドリング・ソフトウェアの新バージョン「DocuWorks 9」で働き方改革を支援

「いつでも、どこでも、だれでも」をコンセプトに、 お客様の生産性向上・業務効率化を促進

 

 富士フイルムグループの富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区、社長:栗原 博)は、シームレスなクラウド連携などでモバイルワーク向けに機能強化したドキュメントハンドリング・ソフトウェアの最新バージョン 「DocuWorks 9(ドキュワークス ナイン)」を、1月17日より順次発売します。

 働き方改革の機運が高まるなか、企業にとって多様な働き方への柔軟な対応と、生産性向上・業務効率化を両立させることが喫緊の課題となっています。しかし、オフィスには蓄積された紙文書や各種ソフトウェアで作成した電子文書などが混在し、統一的な管理が困難であることに加え、関係者間での文書回付など、電子化した情報を組織的に活用する環境が整っておらず、モバイルワークなどの多様な働き方実現、生産性向上の障壁となっています。

 PC上であたかも紙を扱うような感覚で電子文書を管理できるDocuWorksは、1998年の発売以来、変化するお客様の働き方やニーズに合せて進化してきましたが、このたび、お客様の全ての業務の入り口となるビジネスポータルとしてお使いいただけるよう、いつでも、どこでも、仕掛かり中の作業を継続できるモバイルワーク向け機能を強化しました。

 新機能として追加された「お仕事スペース」に作業に必要な文書を集めておけば、同期ボタンをワンクリックするだけで富士ゼロックスのクラウドサービス「Working Folder」( http://www.fujixerox.co.jp/product/software/workingfolder/index.html )に格納、自宅や外出先の別のPCやモバイル端末からそのスペースにアクセスでき、閲覧・編集が可能となります。(注1)(注2)

 ※参考画像は添付の関連資料「参考画像1」を参照

 また、作業内容に合わせてアイコンの位置をカスタマイズし、作業手順の可視化ができるツール「お仕事バー」は、複数のタブを展開することが可能となりました。これにより作業別にカスタマイズした複数の業務環境を立ち上げ、同時並行で進めるなど、日常業務のさらなる効率化を支援します。新たに追加された「ふでばこ」機能は、日付印、「承認」「社外秘」などのスタンプ、付せん、マーカーなどの電子文房具(アノテーション)を登録でき、よく使う機能や最近使った機能をいつでも呼び出せ、業務の流れをスムーズにします。

 富士ゼロックスは、今後もDocuWorksの機能強化および実業務での活用提案を通して、お客様の働き方改革を支援してまいります。

 ※参考画像は添付の関連資料「参考画像2」を参照

 注1:「お仕事スペース」のクラウド連携には、別途Working Folder の契約が必要です。

 注2:自宅・外出先のPC にはDocuWorks、モバイル端末には無償のモバイルアプリDocuWorks Viewer Light 4(iOS 版)、DocuWorks Viewer Light 4(AndroidTM 版)が必要です。

 ※以下は添付リリースを参照

 ・Acrobat、Adobeは、Adobe Systems Incorporated(アドビ システムズ社)の登録商標です。

 ・Microsoftは、米国マイクロソフトコーポレーションの米国および、その他の国における登録商標です。

 ・DocuWorksおよびドキュメントハンドリングは、富士ゼロックス株式会社の日本およびその他の国における登録商標または商標です。

 ・Xerox、Xerox and Design、Fuji Xerox and Designは、日本その他の国におけるXerox Corporation社の登録商標または商標です。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像1

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0466518_01.jpg

参考画像2

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0466518_02.JPG

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0466518_03.pdf