ユニアデックス IoT/機械学習化を進める設備保全関連事業者を支援する「AirInsight(TM) Maintenance」を販売開始

−設備メーカー・設備工事事業者・設備メンテナンス事業者のIoT化を支援−

 

 ユニアデックス株式会社(本社:東京都江東区、社長:東 常夫、以下 ユニアデックス)は、IoTと機械学習により高度な付加価値の提供を目指す"AirInsight"シリーズ(注1)」の第一弾として、機械学習/AIをビジネスで活用したい事業者を支援する「AirInsight Maintenance(エアーインサイト メンテナンス)」を本日から販売開始します。なお、本サービスの提供開始は2018年1月下旬を予定しています。

 近年、保全現場における最重要課題として、保全・診断スキルを保有した人材の不足が挙げられており、中長期的に人材不足が拡大すると予測されています。一方では、高経年設備の増加などを背景に、故障の未然防止技術が求められ、故障の予兆をより早い段階で検知するために、日常点検や設備診断の重要性が増しています。これらの相反する課題解決の手段として、多くの設備保全関連事業者が、IoTや機械学習/AIに着目していますが、機械学習を含むIoTシステムの開発は難易度が高く、課題となっています。

 「AirInsight Maintenance」は、IoTと機械学習/AIの活用にて、設備点検診断業務を支援するIoTクラウドサービスです。本サービスは、日本ユニシスグループが提供している「IoTビジネスプラットフォーム(注2)」上で提供され、センサーデータ収集や設備点検診断に必要な機械学習を含むIoTクラウドサービスと、センサーやIoTゲートウエイなどのハードウエアを、お客さまの要望に合わせて提供します。設備保全関連事業者は、IoT化に余計な労力とコストを割くことなく、IoTクラウドサービスをユーザー企業に提供することが可能となります。

■「AirInsight Maintenance」の特徴は、以下の通りです。

 1.設備点検診断のサービス化を素早く・低コストで実現

 センサーやデータ収集はもちろん、従来の設備診断手法に基づく機械学習エンジンが搭載されているため、素早く・簡易にIoTサービスを実装できます。

 2.IoTクラウドサービスでありながら、他社との差別化を実現可能

 OEMモデルでは、お客さまの保有する診断ノウハウを機械学習化して、専用のエンジンとして提供するため、他社との差別化を容易に行うことができます。

 3.従来の設備診断手法を理解しているデータサイエンティストによる機械学習実装

 お客さまがお持ちの設備診断ノウハウを正しく理解し、そのノウハウを最大限生かした形で、機械学習を実装できます。

 4.対象設備製品の大幅な設計変更が不要

 対象設備に後からセンサーを設置する方式のため、製品設計の変更は不要です。既存の製品に対して、容易にIoT/機械学習による設備診断機能を組み込むことができます。

 5.柔軟な提供構成

 本サービスのハードウエア・ソフトウエア構成は、お客さまに合わせた柔軟な構成を提案します。すでに類似の遠隔監視サービスを提供されているお客さまの場合には、APIを経由して本サービスの機械学習アルゴリズムだけを利用することも可能です。

 *以下は添付リリースを参照

以上

 ※AirInsightは、ユニアデックス株式会社が商標登録出願中です。

 ※その他、記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

 

 リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0466511_01.pdf