ランサーズ、総額約10億円の第三者割当増資・資本業務提携を締結

パーソルホールディングス株式会社・株式会社新生銀行を引受先として、働き方の選択肢を拡充・ランサー経済圏の構築へ向けた新サービスを共同開発

 

 ランサーズ株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長 秋好陽介、以下「ランサーズ」)は、2017年12月18日にパーソルホールディングス株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役CEO 水田正道、以下「パーソルグループ」)、株式会社新生銀行(本社:東京都中央区 代表取締役社長 工藤英之、以下「新生銀行」)を引受先とする第三者割当増資を行い、10億円の資金調達を実施しました。今回の業務提携により、各社のプラットフォームとナレッジを相互連携・活用し、既存サービスの枠にとらわれない働き方の選択肢を提供、ランサー経済圏構築に向けたフリーランス向けの融資を開始します。

 *ロゴは添付の関連資料を参照

■資本業務提携の背景

 ランサーズは「テクノロジーで誰もが自分らしく働ける社会をつくる」をビジョンに掲げ、契約形態を問わず、またオンライン・オフラインに限らない多様な働き方を選択できるサービス拡充を続けてまいりました。今回の資本業務提携によって、雇用・契約形態にとらわれず、『多様な働き方を、安心していつでも選択できる社会』の推進を加速します。

■さらなる働き方の選択肢を提供

 日本におけるフリーランス人口は、労働力人口の17%にあたる1,122万人(※1)で、前年5%の増加傾向です。米国は5,700万人(※2)であり、2027年にはフリーランス人口がノン・フリーランスの人口を超えるという結果が発表されています。

 また『LIFE SHIFT(※3)』によると現代人は、従来の教育〜仕事〜引退の3ステージの人生から、5ステージを行き来するマルチステージの人生になるとされ、個人事業主的に働く期間、仕事+複業の期間などが増えると予測されています。

 雇用・非雇用の境界が曖昧になり、両者の間を自由に行き来する時代に向けて、正社員〜派遣〜フリーランスという、雇用・契約形態にとらわれない、働き方の多様な選択肢が求められています。

 ランサーズにおいては、『ネット×請負』から始まり、『リアル』の仕事や『準委任契約』の仕事へとサービス範囲を広げてきました。パーソルグループとの業務提携により、派遣契約・雇用契約の仕事を含む多様な働き方の選択肢を提供してまいります。

 ※1 フリーランス実態調査2017 ランサーズ調べ

 ※2 前年より4.2%増加『FREELANCING IN AMERICA:2017』より

 ※3 リンダグラットン著/東洋経済新報社)

 *参考画像は添付の関連資料を参照

■いつでも働き方を選択できる環境

 多様な働き方を選択するにあたり、働き手には『信用力の担保』や『金銭面の安定』など、様々な課題が生じます。新生銀行との業務提携により『ランサー経済圏』を構築し、働き方の自由な選択の阻害要因を取り除いてまいります。

 初期段階として、多様な働き方を選択する際の課題である、金融ニーズに対して融資サービスを開発・提供します。働き方を選択・継続する際に必要となる、設備や教育訓練の投資などの金融ニーズに応えることで、多様な働き方の選択をできる環境をつくってまいります。

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

ロゴ

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0466440_01.png

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0466440_02.png

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0466440_03.pdf