マクニカ アルティマ カンパニー、高速画像処理ソリューションの開発を手掛ける

エクスビジョンと代理店契約を締結

 

 半導体やネットワーク機器の輸入、販売、開発を手がける株式会社マクニカ(本社所在地:神奈川県横浜市、代表取締役社長:中島 潔、以下マクニカ、)アルティマ カンパニーは、高速画像処理ソリューションの開発を手掛ける株式会社エクスビジョン(本社所在地:東京都文京区、代表取締役社長:藤井 照穂、以下エクスビジョン)と代理店契約を締結いたしました。またそれに伴い、同社が開発した高速画像処理ソリューションの実行環境である高速ビジョン開発プラットフォーム(High Speed Vision Software Development Kit(以下、HSV SDK))」を、2018年1月より販売開始することを発表いたします。

 従来のシステムでは、高速に移動する対象物や現象を捉えきれない場合がありました。この度販売を開始するHSV SDKは、毎秒1,000フレームの高速撮像により、それらを捉えることを可能にし、さらには画像情報から対象物を検出して、重心位置や面積、動きの方向などの情報処理を高速に行います。その処理結果は、1フレーム単位で出力ができるため、従来よりもシステムへの高速なフィードバックを実現します。

 工場などの生産ラインでは、異常や故障の検出の遅れが致命的な結果につながる場合がありますが、HSV SDKの高速ビジョンの認識・判別機能を生産ラインへ適用することにより、異常や故障の発生をリアルタイムに捉え、迅速にシステムへの停止指示をかけることなどが可能となります。

 また、従来の産業用ロボットは、プログラムによって指定された座標へ移動するのが一般的な動作でしたが、HSV SDKの高速性と追跡機能を活用することにより、ロボットへのリアルタイムなフィードバックが可能となり、対象物の動きや状態に応じて、ロボットが自律的な動作や対応がとれるようになります。これにより、ロボットへのティーチング作業の効率化や、生産性の向上に貢献します。

 さらに、映像情報の高速フィードバックにより、カメラの振動を相殺して安定した映像取得が可能となるため、トンネル内側壁の高速検査や、高速回転体の状態確認など、従来不可能だった高速運動下での安定した状態観測も実現することが可能になります。

 従来のシステムでは対象物の検出や追跡を行うためには、パソコンなどで画像処理を行う必要がありましたが、HSV SDKを導入することで、後段システムの小型化や、システム全体の省電力化が可能になるとともに、物理的な制約などに捉われない新たなシステムの構築に向けた可能性が広がります。

 HSV SDKは、高速ビジョンの応用アプリケーションを開発するための標準プラットフォームです。毎秒1,000フレームの高速ビジョンセンサーとSoC FPGAを搭載した評価ボードと、開発用ソフトウェアパッケージで構成されており、リアルタイム性を重視したCamera Unitアプリケーションと、汎用性を重視したHostアプリケーションを短期間で開発できる環境を提供します。Camera Unitは、高速ビジョンセンサー及びSoC FPGAで構成されており、リアルタイムOSが動作するハードウェアです。Camera UnitをHost Systemに接続することで、画像データ、センシング情報を取り込み、事象の確認や解析などを行うHostアプリケーションの開発が可能です。HSV SDKは、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託業務の結果、開発されたものです

 今回の代理店契約は、高速画像処理分野で革新的なソリューションの普及を目指すエクスビジョンと、技術商社であるマクニカ アルティマ カンパニーの間で、高速ビジョン関連市場を開拓したいという狙いが合致し、合意に至ったものです。マクニカ アルティマ カンパニーが持つ広い顧客層と技術力を生かし、多くのお客様へ本ソリューションを提供いたします。

【製品概要】

 製品名:

  高速ビジョン開発プラットフォーム

  (High Speed Vision Software Development Kit)

 内容物:

  ・高速ビジョンセンサー

  ・SoC FPGAを搭載した評価ボード

  ・開発用ソフトウェアパッケージ

 対象アプリケーション:

  ビジョン系アプリケーション全般

  ・自動車走行安全支援システム

  ・FA高速検査、高速ロボット向けマシンビジョン

  ・医療用カメラ、ドローン

  ・プロジェクションマッピング

■株式会社エクスビジョンについて

 エクスビジョンは、東京大学石川渡辺研究室で研究開発されている高速画像処理技術を実用化することを目指して設立されたベンチャー企業です。最新の高速画像処理技術を応用したシステムを開発し、様々な応用が期待される高速画像処理ソリューションを短期間で開発できるプラットフォームを提供いたします。

■株式会社マクニカ アルティマ カンパニーについて

 マクニカは、1972年の設立以来、エレクトロニクス及び情報通信の領域で、半導体やネットワーク関連機器などを企画開発、販売する技術商社&ソリューションプロバイダーです。最先端のエレクトロニクス商品を数多く取り揃え、常に先進の技術や知識をより高い付加価値とともに提供しています。また、市場の動きや顧客のニーズを的確に捉え、独自のきめ細かいサービス&サポートを確立し、商品の設計や開発を支援しています。当社は、横浜に本社を構え、日本を始めとしたアメリカ、カナダ、ブラジル、イギリス、ドイツ、イタリア、スペイン、フランス、ポーランド、香港、台湾、韓国、中国、シンガポール、タイ、インド、マレーシア、ベトナム、ミャンマー、フィリピン、インドネシアの世界22ヶ国77拠点をベースにグローバルなビジネスを展開しています。マクニカでは、社内カンパニー制を導入しており、アルティマ カンパニーはそのうちの1カンパニーです。