「働き方改革」に貢献するソリューションを提供する株式会社Phone Appli、

「会議革新プログラム」の提供を開始

〜コンサルティングから定着支援までトータルサポートすることで、会議を通じた働き方改革実現〜

 

 Web電話帳アプリケーションを主軸としたコミュニケーションの効率化を実現するために様々なサービスを展開する株式会社Phone Appli(本社:東京都港区、代表取締役社長:石原 洋介 以下、「Phone Appli」)は、「会議の9割はムダ」の著者である京都大学経営管理大学院 末松千尋教授(以下、末松教授)と共同開発を行い、会議の効率化と会議時間の削減を支援する「会議革新プログラム」を2017年12月18日(月)より、提供開始いたします。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 この度、共同開発を行った末松教授は、著書「会議の9割はムダ」内において、世界22ヶ国国、200以上の企業や政府組織・NPOの約400の会議の調査を通じて、「実際に行われている会議の9割がムダ」「会議と業績には相関関係がある」という研究結果を発表しており、会議を変えることで企業の業績を改善させることができると提唱しています。

 「会議革新プログラム」は、会議から働き方改革を行うことを目的に、会議のコンサルティングから会議革新の定着支援までを行う、トータルソリューションサービスです。

 定着支援ツールとして提供する「会議かえるくん」は、Web電話帳アプリケーションなど、これまでの開発の知見を活かして、末松教授の提唱する会議のポイントを定型化したもので、会議招集・準備から実施にとどまらず、会議で生じたアクションアイテムなどの事後管理に至るまでをトータルでサポートします。

【会議革新プログラムについて】

1. コンサルティングサービスの提供

 ・コンサルタントによるスコアリング

 末松教授の指導を受けた専門の会議コンサルタントが実際の会議を観測し、会議のスコアリングを実施します。会議の生産性向上に重要と判断される、「目的・ゴール設定の明示性」や「議事進行計画の明示性」など67項目について採点をすることで、会議力が数値化されます。

 ・レポート報告会

 会議スコアリングの結果報告を実施いたします。また、現状と改善ポイントをフィードバックし、改善のための具体的な施策をご提案します。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 *Microsoft、Outlookは、米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標または商標です。

 *その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0466421_01.JPG

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0466421_02.pdf