「インベスターズクラウド」が「TATERU」へ社名変更

当社グループのブランド統一と事業強化のため、

CI(コーポレートアイデンティティ)を一新

 

 アプリではじめるアパート経営「TATERU(タテル)」の開発・運営を行う株式会社インベスターズクラウド(本社:東京都港区/代表取締役:古木大咲/証券コード:1435、以下当社)は、2017年12月14日開催の取締役会において、2018年3月27日開催予定の第12期定時株主総会で定款の一部変更が承認されることを条件として、2018年4月1日に「株式会社TATERU」へ社名変更することを決議いたしました。

 また、民泊事業を展開する子会社の株式会社iVacation(代表取締役:大城崇聡)におきましても、2017年12月18日付で「株式会社TATERU bnb(タテルビーアンドビー)」へ変更することといたしましたのでお知らせします。

◯社名変更の目的

 当社は、「ネット×リアルで新しいサービスを」という経営理念のもと、アパート経営プラットフォーム「TATERU」事業を主力として事業展開を行なっております。当社は「TATERU」のサービス強化、知名度の向上を図ってまいりましたが、サービス名である「TATERU」を社名として起用することで、業界における知名度およびブランド力の更なる向上と、より効果的な事業展開を目指し「株式会社TATERU」に社名変更いたします。

◯CI(コーポレートアイデンティティ)について

 「TATERU」には、アパートを「建てる」という意味だけでなく、かつてない常識を打ち「立てる」等の思いも込めております。このような概念は、アパート経営のみに当てはまるものではなく、当社グループにおける新規事業の創出や海外事業の展開等を視野に入れた更なる企業成長に通じる概念です。当社グループ全体がリアルエステートテック企業としての成長を目指し、ブランド統一と事業強化を図るため、CIを一新しグループの再編を行うことを決定いたしました。再編の一環として、「TATERU」事業を「TATERU Apartment」事業とし、民泊事業を展開する子会社である株式会社iVacationを「株式会社TATERU bnb」へ社名変更、本日付で公表しております「TATERU FUNDING」事業の独立化のための「株式会社TATERU Funding」の設立と、サービスロゴの変更を行います。今後は、これら事業のテクノロジーを担うロボットホームと2つの柱をもち、当グループの事業拡大と企業価値の向上に努めてまいります。

 ※ロゴは添付の関連資料を参照

◯当社概要

 社名:株式会社インベスターズクラウド

 設立:2006年1月23日

 資本金:6億2,800万円

 代表取締役:古木 大咲

 本社:〒107-0062 東京都港区南青山2-27-25 7F

 事業内容:

  ・アプリではじめるアパート経営「TATERU」の開発・運営

   「TATERU」https://www.tateru.co/

  ・不動産投資型クラウドファンディング「TATERU FUNDING」の企画・運営

   「TATERU FUNDING」https://www.tateru-funding.jp/

   (不動産特定共同事業許可番号 東京都知事第100号)

  ・ネットで賢くリノベーション「スマリノ」の開発・運営

   「スマリノ」https://www.sma-reno.jp/

 子会社:

  株式会社Robot Home

  株式会社iVacation

  株式会社リアライズアセットマネジメント

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

ロゴ

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0466226_01.JPG