ソフトバンクとパシフィックコンサルタンツが業務提携

〜IoTの活用による災害時の避難や渋滞回避の手法を開発〜

 

 ソフトバンク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:宮内 謙)とパシフィックコンサルタンツ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:高木 茂知)は、各種IoTデバイスから取得したデータなどを組み合わせてAI(人工知能)で分析を行い、最適な公共インフラの設計・開発などを共同で実施することを目的に、業務提携を行うことに合意しましたのでお知らせします。

 両社は今後、目的の達成に向けて実証実験などを行い、そこで得られた知見を基に、公共インフラを管理する自治体や関連企業、利用者に対してスマートインフラソリューションの提供を目指していきます。

■共同開発の概要

 1. 5Gなどを利用した防災インフラソリューションの提供

  第5世代移動通信システム(5G)およびIoT向け通信規格を利用した各種IoTデバイスや、映像ディープラーニングなどによって、防災インフラにおける災害監視を適切に行い、データに基づく情報提供や予測解析の実証実験を行います。この解析により、タイムリーな情報提供と的確な避難誘導が可能となり、国民の命を守ることにつながります。また、リアルタイムモニタリングを行うことによって、安全・安心なスマートインフラソリューションを提供します。

 [注]

 ※防災インフラ:災害から国土を守る土木インフラと各種の災害情報システム、避難システム

 2. 5G、人流解析などによる社会インフラソリューションの提供

  5GおよびIoT向け通信規格を利用した各種デバイスや、AIを活用した人流解析や交通流解析により、変わりゆく都市の人の流れや車の流れを実情に近いデータによってシミュレートすることで、インフラのあるべき計画の再設定を可能とします。またタイムリーに情報提供を行うことによって人流・交通流を誘導し、交差点や鉄道駅改札の混雑や空港ターミナルの待ち時間、自動車の渋滞などの課題を解決し、生活の質の向上や都市サービスの効率性の向上につながるスマートシティづくりに貢献します。

 [注]

 ※社会インフラ:道路・空港・鉄道・港湾などの交通インフラと、電気・ガス・水道・通信などのユーティリティー

 ・SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。

 ・その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。